無限コンプリートカー「S660 無限 RA」&「シビックタイプR」速攻試乗/山本シンヤ(2/4)

無限コンプリートカー「S660 無限 RA」&「シビックタイプR」速攻試乗/山本シンヤ
S660 無限 RA S660 無限 RA S660 無限 RA S660 無限 RA 画像ギャラリーはこちら

赤い本革シートはコンプリートカーだけのアイテム

S660 無限 RA
S660 無限 RAシビック タイプR 無限スポーツパーツ装着車

インテリアは専用表皮となる赤本革のシート、ステアリング、シフトノブ&シフトブーツ、メーターなどを採用。

>>S660 無限 RAの写真を見る

従来の無限コンプリートはブラック内装にボディカラーと合わせたステッチを採用していたが、無限RAでは「オープンカーは目立ちたい人も多い」と言うことから、派手なコーディネイトにしたとのこと。

これらのアイテムはコンプリートカーだけの特権と言うことで、用品販売を行なう予定は一切ないそうだ。

エクステリアは無限コンプリートカー伝統のカーボン製フロントグリルと専用テールパイプのマフラー、そしてRAエンブレムなど他の部分に比べると少なめ。

エアロパーツは自由に選択できるように装着されていないが、ベストはすでに用品設定される無限製なのは言うまでもないだろう。

エンジンにはあえて手を入れず

S660 無限 RA

ちなみにパワートレインは事前の噂では「80ps仕様になる!?」と言う情報もあったが、ノーマルから変更なし。企画段階では色々な案もあったそうだが、最終的には「軽自動車の枠の中でシッカリ作りたい」と言うことで、あえて手を入れなかった。

更に生産面もこれまでのコンプリートカーとは異なり、ノーマルの生産工場である八千代工業の協力により、後架装ではなくノーマルと同じようにラインで普通に生産が行なわれるのも特徴の一つだ。

インライン生産は無駄な部品がでないうえ、後架装の工数がなくなるので、特に価格的なメリットが大きい。ちなみに価格はノーマルの226.1万円(αにセンターディスプレイ装着)に対して289万円。

解りやすさより、バランスの高さを重視した足まわり

S660 無限 RAS660 無限 RA

今回、伊豆サイクルスポーツセンターにあるワインディングを模したコース(1周5km)で試乗を行なった。

タウンスピードでは若干硬めでフロントピラーがブルブルと振動することもあったが、BBSホイール採用によるバネ下の軽量化とスムーズに動くサスペンションのおかげで、硬さの中にしなやかさがある。

なので、何も知らされずに乗ったら「これはノーマル?」と感じる人も多いかも!?そういう意味では、「赤内装」に憧れて購入したとしても、全然後悔しない乗り味だ。

速度を上げていくと、ステアリングを切った時のキビキビした動きやダイレクト感、限界域の安心感、4つのタイヤが接地している感覚などはノーマルより高いレベルにあるのが解る。

ただ、一般的なチューニングカーなどで感じるパーツ交換による “解りやすさ”とは違い、“ノーマルの懐がより深くなった”と言う印象だ。

そういう意味では、パーツ単体の効果も解るが、それよりクルマ全体としてのバランスが高いことが実感できる。例えるならば、「S660にNSXなどにラインナップされていたタイプSが存在するならこんな感じだろうな?」と。

ちなみに筑波サーキットでは足とホイールのみの変更にも関わらず、ノーマルより0.5秒速いそうだ。

といえば、やっぱりエンジンにも手を入れてほしい…

S660 無限 RA

ただ、シャシー側がレベルアップすると、パワートレインに「もう少し!!」が欲しくなるのも事実だ。

ある関係者は「開発時はそういうテストもしていたのは事実です…」と語る。つまり、あまり大きな声では言えないが、アフターのチューニングECUやハイフロータービンを装着しても十分許容できるシャシーを備えていると言うわけだ。

販売台数は限定660台。ボディカラーはレッドを含む計3色がセレクト可能だ。5月26日から予約開始(ネットでのオーダーではなく販売店からのオーダーのみ)となっているので、気になる人はお早めに!!

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ S660の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ S660のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ S660の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ S660の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ S660のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる