N-BOXがここまで売れ続けるのはなぜ!? その謎をホンダのデザイナーに聞いてみた

画像ギャラリーはこちら
もはやこの勢いはだれにも止められないのだろうか。売れに売れ続けているホンダの軽自動車「N-BOX」が、2020年12月にマイナーチェンジを実施した。N-BOXが多くのユーザーから人気を集める秘密について、新型N-BOXのデザイナーにもお話を伺いながら、今回は「デザイン」という視点をもとに考察してみた。

これが「売れるデザイン」! ホンダ 新型N-BOX/N-BOXカスタムを写真で見る[画像54枚]

目次[開く][閉じる]
  1. N-BOXが老若男女から幅広く支持を集める理由とは
  2. 異例の5:5!? N-BOXとN-BOXカスタムが均等に売れている
  3. ノーマルのN-BOX人気が全体の需要を押し上げた

N-BOXが老若男女から幅広く支持を集める理由とは

2017年の2代目デビュー以来、ほぼ全ての月で販売台数ランキング1位を取り続けるホンダ N-BOXが、2020年12月24日(木)に初の大規模なマイナーチェンジを実施した。圧倒的な人気を誇る鉄板商品だけに、N-BOX、N-BOXカスタム共に改良ポイントはそこまで大きくなく、もともとの良さを際立たせるためのマイナーチェンジという印象だ。

それにしても、N-BOXはなぜここまで売れ続けるのだろうか。

本田技術研究所 デザインセンターで新型N-BOXのエクステリアデザインを担当した石川 厚太さんにデザインの視点でお話を伺い、N-BOXが老若男女から幅広く支持を集める理由について考察してみよう。

異例の5:5!? N-BOXとN-BOXカスタムが均等に売れている

小さいけど立派で見栄えが良く、しかも上質な“カスタム”系

ホンダ N-BOXは初代(2011年~2017年)、2代目(2017年~)共に、ノーマルのN-BOXと、エアロパーツでドレスアップしたN-BOXカスタムの2つのラインナップが用意されている。この組み合わせは現在、軽自動車やミニバンなどで定番のスタイルだ。

エアロカスタムと聞くと、若者の走り屋やマニア向けの商品をイメージする方がいらっしゃるかもしれない。しかしユーザーからは、ノーマルモデルに対し内外装をグレードアップさせた上級グレードのひとつとして捉えられている。

ダウンサイジングの需要が“カスタム”系にピタッとハマった

またイマドキの軽やミニバンは背の高いモデルが主流で、モデルによってはノーマルのままでは外観がちょっと間延びして質素に見える場合も。そうした印象を、エアロパーツや大径ホイールといった装飾で補正する効果もある。

さらに近年は、大きなサイズの車種から軽へ移行するダウンサイジングの需要も増えている。上位車種に見劣りしない質感のエアロカスタムは、目の肥えたダウンサイジングユーザーにもピタッとハマり、さらに軽市場の規模を拡大させている。

通常は“カスタム”系のほうが圧倒的人気だがN-BOXは違っていた

これらの結果として、一般的に軽自動車やミニバンにおいてエアロカスタムとノーマルの販売比率は7:3に近く、車種によっては8:2と、エアロ系の支持率が圧倒的に高い。

ところがN-BOXの販売比率は5:5で、ノーマル・カスタムが均等に売れている。これは他社ではあまり聞かない傾向だ。ノーマルタイプもしっかり売れているからこそ、N-BOXシリーズがここまで安定的に人気を保ち続けている、とも言えるだろう。

ノーマルのN-BOX人気が全体の需要を押し上げた

ノーマルは「味もキャラクターもあるヤツ」

エアロカスタムが需要の中心となる軽自動車界では珍しくノーマルの人気が高く、結果として全体の需要を押し上げたN-BOX。そこまで支持を集めた理由はなんだろうか。

N-BOXのエクステリアデザインを担当した本田技術研究所 デザインセンターの石川 厚太さんは、『シンプルなんだけど無味無臭ではなく、味もキャラクターもあるヤツ』とN-BOXのノーマルモデルの魅力を分析する。

確かに他社のノーマルでしばしば見られる、単なる廉価版に留まっていないのがノーマルのN-BOXの良いところ。しかも、女性(ママ)向けとか若者向けなどと明確にターゲットを指定していない感じも同クラスでは珍しく、それでいてカスタムとは異なる独自のキャラがしっかりと立っている。だからこそ、目の肥えたユーザーからも評価されたのだろう。

石川さんも『ニュートラルでありながらしっかり存在感もあり、(ダウンサイジングなど)多様なユーザーのライフスタイルにも溶け込むことが出来た』と胸を張るノーマルのN-BOX。

今回のマイナーチェンジでもノーマルモデルのデザインは大きく変えず『より端正でハンサムな表情となるような改良』(石川さん談)を加えるに留めた。

N-BOXカスタムはキャラ分けをもっと明確に

いっぽうで今回のマイナーチェンジでは、N-BOXカスタムのデザインに大きく手が加わった。2011年に登場した初代N-BOXカスタムは、他社同様にメッキ加飾も派手な押し出し感のあるデザインで存在感を放っていたが、2017年のフルモデルチェンジの際にメッキ部を減らし、スマートな格好良さを追求するよう路線変更を図った。

デザイナーの石川さんは『(2代目の)押し出し感が足りなかったという訳ではない』と前置きしながらも『ノーマルとN-BOXカスタムの立ち位置を明確にしたかった』と話す。

ユーザーから指摘されていた2代目N-BOXカスタムの数少ない改善要請は、バンパー下部右寄りにオフセットしていたナンバープレートの配置。これを「軽自動車っぽい」とネガに捉えるダウンサイジングユーザーが少なくなかったようだ。ナンバーを中央部に移設し、フロントグリルやバンパー部の存在感を強調させるデザインに変更することで、メッキ加飾に頼らずとも存在感を増すことに成功した。

このように、ただでさえ強いN-BOXが、全方位をさらに盤石に固めるかのようなマイナーチェンジでさらに商品力を強化した。ライバルメーカーの担当者はさぞ頭が痛いところだろう。特にN-BOXカスタムの改良ポイントは、需要を支えるダウンサイジングユーザーにも響くに違いない。ノーマルとカスタムの販売比率の変化が見られるのか、それとも全体がまたさらに底上げされていくのか、特に注目しておきたい。

いずれにせよ今回のマイナーチェンジによって、2021年もホンダ N-BOXの独走状態はしばらく続くことだろう。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
142.9万円223.3万円
中古価格:
18.3万円268.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる