ホンダ Nシリーズで随一の売り上げを誇るN-BOX! なぜ他のNシリーズは追随できないのか

画像ギャラリーはこちら

ホンダ Nシリーズは軽自動車で随一の売り上げを誇るN-BOXをはじめ、さまざまなタイプの軽自動車がラインアップされている。しかし、注目されるのはN-BOXのみで、他のモデルは影を潜めている。

なぜ他のNシリーズはN-BOXに追随できないのだろうか。それはN-BOXのキャラクターであるスーパーハイトワゴンならではの装備や機能性にあった。詳しく紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 軽自動車の主流はスーパーハイトワゴンだ!
  2. N-BOXは幅広い世代から好評のサイズ感と使いやすさが魅力
  3. 子供やペットを乗せるユーザーからも好評のロールブラインドも人気に拍車をかけた

軽自動車の主流はスーパーハイトワゴンだ!

ホンダ N-BOXの快進撃が止まらない。何しろ2021年9月の軽自動車販売台数で依然、1位をキープ。その販売台数は前年比割れしているとはいえ(半導体問題で納期が遅れていることもある)、1万1805台と、2位の日産 ルークスの9708台、3位のスズキ スペーシアの7573台、5位のスズキ ハスラーの5903台を圧倒しているのである。

しかし、Nシリーズには、今ではN-WGN、N-ONEといったハイトワゴン、プレミアムな乗用車もある。N-WGNは同4453台で10位につけているものの(日産軽のハイトワゴンのデイズは11位)、N-ONEはなんと740台で、軽自動車販売台数ランキングの15位にも入らない。よって、Nシリーズの快進撃はN-BOXによってもたらされていると断言していいのである。

ではなぜ、同じNシリーズなのに、N-WGNやN-ONEがN-BOXに追随できないのか? その理由は、上記の軽自動車販売台数ランキングを見れば一目瞭然だ。

そう、現在の軽自動車の圧倒人気はスーパーハイト系と呼ばれる大容量の軽自動車なのである。空前のSUVクロスオーバーブームに乗って、ハスラーがそれになんとか迫っているということだ。

N-BOXは幅広い世代から好評のサイズ感と使いやすさが魅力

N-BOXが売れている理由は、ミニステップワゴンのような堂々とした、かつ好き嫌いが出にくい端正かつ立派に見えるエクステリアデザインが幅広い層にウケている。

そしてなによりも子育て世代からシニアの乗降にも嬉しい両側スライドドアを備えた室内空間のコンパクトカーも真っ青な広さ、そしてシートアレンジ性の素晴らしさといった使い勝手にあると考えていい。同種のライバルが売れているのも同様の理由からである。

具体的に説明しよう。N-BOXはホンダ独創のセンタータンクレイアウトの恩恵もあって、フロアは地上350~350mmのごく低い位置にあり、当然、両側スライドドアの高さ1235×幅650mmの間口から、たとえ子供を抱いていても、傘をさしていても、ワンステップでスムーズに乗り込み、降りることができる。

N-WGNやN-ONEのリヤヒンジ式ドアとの大きな違いでもある。

N-BOXの後席はMクラスボックス型ミニバン並みの広さを確保

さらに身長172cmの筆者基準で前席に座れば、シートハイト調整最下端位置でも頭上に290mm、その背後のフラットフロアの後席に座れば頭上に250~265mm(後席スライド位置による)、膝周りに驚愕の210~420mm!!という、Mクラスボックス型ミニバン並みかそれ以上の空間が確保されているのだ。

もちろん、後席膝周り空間を420mmになるまで後席を後ろにスライドさせれば、天井高が1200mmもある荷室の奥行きは410mm(後席最前端位置だと600mm!!)になるのだが、そうした室内空間と荷室空間の広さを変える自由度もまた、スーパーハイト系軽自動車の使い勝手の良さに直結すると考えていい。

また、N-BOXは後席をチップアップして立てることで、トールモードと呼ばれる、観葉植物などもそのまま置ける室内高が出現するアレンジ性も文句なしに使いやすいのだ。

もちろん、後席を低く畳み、荷室空間を拡大すれば、何と27インチの自転車まで(前輪をフロア側に落とすことで)、そのまま積めるのだから便利このうえなしなのである。これはスーパーハイト系ならではの全高、室内高の余裕、フロアの低さがポイントだから、さすがにN-WGNやN-ONEではできないことだ。

と、N-BOXの室内空間の、筆者の身長基準のデータばかり並べても、N-WGNやN-ONEとの関係が分かりにくいので、両車の寸法も紹介したい。

N-WGNは前席頭上に250mm、後席頭上に195mm、膝周りに最大320mm。N -ONEともなると、前席頭上に190mm、後席頭上に120mm、膝周りに200mmと、一気に室内居住空間は狭くなってしまう。

それでもN-WGNなら狭さなど感じることはないのだが、N-BOXと比べたり乗り換えたりすれば、やはりN-BOXほどの広さ、それに伴う快適感は得られない。

子供やペットを乗せるユーザーからも好評のロールブラインドも人気に拍車をかけた

子育て世代のユーザーが子供を後席にチャイルドシートを設置して乗せる、あるいはペットをホンダ純正のホンダドッグシリーズのドッグアクセサリーを使用して後席に乗せる際にうれしいリヤスライドドア部分のウインドーに用意された、直射日光を和らげ、車内温度の上昇抑制にも効果があるロールブラインドも、軽自動車ではスーパーハイト系ならではの装備なのである。

つまり、室内空間が4人乗車でも文句なしのゆとりがあり、なおかつ両側スライドドアによって乗り降りしやすく、さらに子供やペットを乗せるのにも最適で、それこそ背の高い荷物や自転車まで無理なく乗せられるのがN-BOXを筆頭とするスーパーハイト系軽自動車ならではの魅力であり、同じようなことはハイト系ワゴンや乗用系軽自動車ではまず叶わない。

価格が大きく変わらないため、万能なN-BOXが選ばれている

多彩なNシリーズの中でも、N-BOXが、というより万能に使え、ファーストカーにもなりうる、見晴らし視界が気持ちよく、それが運転のしやすさにも直結するスーパーハイト系軽自動車の人気がほかを大きくリードするのは、価格差がそれほど大きくないこともあって、当然のことと言っていいのである。

これはライバルメーカーでもまったく同じだ。そしてそうした小さいクルマでも広さ、使い勝手、機能といった魅力が、かつてのミニバンブームのように、今の軽自動車に求められているということなのだろう。

【筆者:青山 尚暉】

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
164.9万円236.3万円
中古価格:
12.4万円8,888万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる