【N-BOXとN-ONE内装比較】広いのは当然N-BOXだが、助手席スペースはN-ONEに軍配! 二人乗りが多いユーザーはN-ONEもいい選択肢だ

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2021年6月、新車でもっとも売れたクルマはホンダ N-BOXであった。2017年に登場し、2020年末にはマイナーチェンジを実施するなど、さらに魅力を増したのだった。N-BOX人気はご存知の通りだが、気になるのが兄弟車にあたるN-ONEと何が違うのか!? という点だ。そこで今回は内装にフォーカスし、2台の違いをご紹介する。結論からいえば絶対的な広さはN-BOXだが、助手席の快適性に至ってはN-ONEということであった。どのような点が異なるのだろうか!?
目次[開く][閉じる]
  1. 大ヒット中のN-BOX! その影で個性を追求したい層はN-ONEを支持
  2. シフト周辺に注目! N-ONEは電気式パーキングブレーキを採用
  3. 助手席の快適性はN-ONEに軍配! 男性でも足が伸ばせるほどの広さだった

大ヒット中のN-BOX! その影で個性を追求したい層はN-ONEを支持

ホンダ N-BOXは言わずと知れた大ヒット車である。後席には両側スライドドアを採用した、スーパーハイトワゴンモデルとなる。対してN-ONEはスライドドアを持たないハイトワゴンモデルで、直接的なライバルはスズキ ワゴンRやダイハツ ムーヴといったところである。

要するにN-BOXとN-ONEの最大の違いはスライドドアの有無にあるというワケ。もちろんデザインも全く異なるテイストであり、N-ONEはN360を彷彿とさせる懐かしいデザインを採用しているのだった。だからこそN-ONEは個性を追求したいユーザーから支持されている状況である。

だが、実は運転席まわりなどは一見するとほとんど同じなのだった。わずかに差があるのだが、今回はその違いを徹底的に解説していいく。

>>【予算180万円のスーパーハイトワゴン軽選び】ホンダ N-BOXカスタムとスズキ スペーシアカスタムをガチ比較! ランニングコストは同額ながら先進装備と車内の快適性にあった

シフト周辺に注目! N-ONEは電気式パーキングブレーキを採用

先にも述べた通り、N-BOXとN-ONEの内装デザインはほとんど同じである。中央にはナビなどのオーディオ、そしてその下にはエアコン操作パネルといったイメージである。ちなみにUSBポートの設置位置も異なり、N-BOXはエアコンパネル下に装着されており、N-ONEは足もとに設置されているのだった。

運転席まわりで最大の違いはシフト周辺にあり、N-ONEは電気式パーキングブレーキを採用しているために、シフト横にパーキングブレーキが備わる。対してN-BOXはキック式のパーキングブレーキのため、アクセル/ブレーキペダルの横に操作ペダルが設置されているイメージである。

ここまでまったくといっていいほど同じデザインとなっている。

>>新型N-ONEの車内に注目! 素直にイイところ&改善して欲しいポイントとは!?

助手席の快適性はN-ONEに軍配! 男性でも足が伸ばせるほどの広さだった

じつはもっとも差が現れているのは助手席足もとにある。N-BOXに比べてN-ONEは削りとられたイメージなのだ。これは何も手抜きやコストカットではなく、しっかりとした狙いがあるのだった。

N-ONEはN-BOXに比べて車内スペースが狭く、後席よりもフロントシートを使う頻度が高いユーザーが多いという。そこでN-ONEの助手席は、成人男性でも足が組めるほどのスペースを確保しているのだ。

実際に身長175cmの筆者が乗ってみても、足が組めるどころが、足を真っ直ぐに伸ばせるほど広大なスペースを有しているのだった。もちろん後席スペースはN-BOXには叶わないが、普段2人で乗ることの多いユーザーなら、筆者としてはN-ONEをオススメしたいと考えるほどなのだ。

後席の使用頻度を考えて車種選びを!

今回はスライドドアを持つ背の高いN-BOXとハイトワゴンのN-ONEと似ても似つかないクルマ同士を比較してきた。確かに積載性や後席の使い勝手を含めるとN-BOXに軍配が上がるのは当然だが、普段1人あるいは2人乗りが多いユーザーなら何も大型モデルのN-BOXではなく、N-ONEという選択も大いにアリだ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
142.9万円223.3万円
中古価格:
19.8万円245万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる