軽で車中泊するなら"N”がいい! キャンピングカー&車中泊仕様のホンダ N-BOX&N-VAN 3選

車中泊にも最適な軽商用車N-VANをホンダ自らカスタマイズしたコンセプトカー「3rd Place VAN」

ホンダ N-VANは、ホンダの新世代軽自動車“N”シリーズに初めて登場した商用車だ。1BOX型商用車並みの積載量を確保するため、助手席・後席をフラットにたためる構造として、断トツの荷室空間を生み出した。これが車中泊カーとしても最適だった。

今回紹介するのは、そんなN-VANをベースに仕立てたカスタムカー。しかもホンダ自らがコンセプトカーとして造り上げた1台「N-VANカスタム 3rd Place VAN」だ。普段はホンダ車をデザインするデザイナーが自ら設計しつくり上げた。

ご覧の通りN-VANがカフェスペースに早変わりしている。テーブルは組み立て式。板材を組み合わせることで素早く設置できるようになっている。

単なるお店というだけでなく、運転席側はフラットな空間になっているから、景色の良い場所で仕事をしたり、車中泊したり出来る「自分だけのお気に入りの部屋」というコンセプトで仕立てられている。こんな楽しいカスタム手法は、ノーマルのN-VANを手に入れたらぜひ参考にしたいところ。内装の様子など、詳しくはフォトギャラリーも参照して欲しい。

大人気の軽乗用車ホンダ N-BOXが4人も就寝可能なキャンピングカーに!「N-BOXキャンパー Neo(ネオ)」[ホワイトハウスキャンパー]

軽No.1人気を誇るホンダ N-BOXをベースに、キャンピングカーメーカー「ホワイトハウスキャンパー」(愛知県)が製造したのが「N-BOXキャンパー Neo(ネオ)」だ。コンパクトなボディにポップアップルーフを組み合わせたことで、家族4人が就寝出来る空間が誕生している。

室内も、運転席側はシートをフルフラット化。助手席側は後席をたたみフラットベッドを設置することでこちらも2名が就寝可能。走行時に充電し、エンジン停止時に使用出来るサブバッテリー(オプションで外部電源を取り入れることも可能)や、やはりエンジンを止めても稼働するFFヒーター(エアヒーター)を備え、車中泊の備えもばっちりだ。

通常のシートなどはそのままだから、普段は日常の足として活躍し、週末は旅先で気軽に車中泊が楽しめるようになっている。N-BOXキャンパー Neoは、ポップアップルーフ仕様で228万8000円から。手軽な価格設定もうれしい。

軽とは思えない驚異の空間を最大限に活用した秘密基地!「N-VAN COMPO(コンポ)」[ホワイトハウスキャンパー]

そしてこちらも同じくホワイトハウスキャンパーの手によるホンダ N-VANベースのキャンピングカー「N-VAN COMPO(コンポ)」だ。コンセプトは"趣味の秘密基地”。商用車の特性をフルに活かし、室内空間を最大限に就寝スペースのためにアレンジした。

インテリアは「Style-one」「Style-two」「Cabin」の3タイプが用意され、用途に応じた収納棚やテーブル、水タンクなどを室内にレイアウトする。

N-VAN COMPOの魅力をさらに拡大できるのが「オリジナルプライバシーテント」だ。車体側のサイドオーニング(収納式タープ)に取り付けるだけで、さらにもう1部屋が生まれるというもの。ポップアップルーフ、室内とあわせると3部屋のキャビンが誕生するから、本格的なキャンプが楽しめそうだ。三方がメッシュになっているので夏場でも快適に過ごすことが出来る。

N-VAN COMPOの価格は223万4100円から。見ているだけでわくわくしてくる1台だ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部トクダトオル/撮影:MOTA編集部・Honda・島村栄二(3rd Place VAN)]

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
142.9万円223.3万円
中古価格:
25.5万円1,187.4万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる