国産コンパクトで選ぶなら断然「フィット」! ファミリーカーとしても申し分ない圧倒的な室内の広さが魅力だ

画像ギャラリーはこちら
ホンダ 現行フィットの売れ行きが芳しくないことがたびたび報じられている。実際どうなのかというと、2021年度は13位となる5万5947台で前年比59.3%にとどまり、ライバルと比べて少し寂しい状況が続いている。

しかし、コンパクトカーで選ぶならフィットを推したい。前回はフィットがライバルに比べて見劣りしてしまう要因を紹介したが、今回はフィットの良いところを取り上げていこう。

目次[開く][閉じる]
  1. コンパクトカークラスではバツグンの広さを誇る!
  2. ファミリーカーとしても申し分のない扱いやすさ
  3. マイナーチェンジではスポーツグレード「RS」や6速MTの追加もありそうだ!

コンパクトカークラスではバツグンの広さを誇る!

まずはライバルとなるコンパクトカーと比べてホンダ フィットはとにかく広いということだ。競合車をぶっちぎっている。実際に乗ってみても、広さは本当に誇れる。ファミリーカーとしても十分に使える。しかもドアが大きく開くので、乗り降りしやすい。とても全長が4mを切っていて、全幅も5ナンバー枠に収まる(いずれもクロスターを除く)とは思えないほどだ。

加えて、フィット自慢のセンタータンクレイアウトのおかげで、ラゲッジのフロアが異様に低い、リアシートをチップアップして高さのある荷物もラクに積める。ダイブダウンさせてラゲッジと同じ低さでフラットにすることもできて、大きな荷物の積み下ろしがラクなのもフィットならではの強み。

トヨタ ヤリスはいうまでもなく広さを追求した日産 ノートに対しても、あるいは現行型でヤリスとのすみ分けで広さを重視したパッケージになったトヨタ アクアに対しても、広さの点では圧勝だ。

ご参考までに、フィットのホイールベースは2530mmで、室内長×室内幅×室内高は、1955mm×1445mm×1260mm。ヤリスは同2550mm、1845mm×1430mm×1190mm、ノートは同2580mm、2030mm×1445mm×1240mm、アクアは同2600mm、1830mm×1425mm×1190mmとなっている。

数字を見る限り特別広いわけではないのだが、実際に見比べると明らかに広い。しかも、こうしてみると興味深いのはホイールベースがもっとも短いこと。にもかかわらず後席も広いのだ。ちなみにノートの室内長がやけに長いのは、インパネの形状による。実質的に最大なのはどれだかよくわからない。

ファミリーカーとしても申し分のない扱いやすさ

広いだけでなく居心地もよい。前席の見晴らしのよさはコンパクトカーの常識を超えている。シートに座った第一印象からして、ミニバンに通じるような雰囲気を感じる。ピラーが視界を妨げないように設定されていて、加えてダッシュも低いおかげで、死角が小さく、視界が驚くほど良好だ。もちろんそれは安全運転にも寄与する。

現行の4代目がキャッチフレーズとして掲げる「心地よさ」は、広さや居心地のよさに加えて走りにも表れている。乗り心地が後席も含め快適に仕上がっていて、長距離の移動も苦にならず、コンパクトカーでありながらファミリーカーとしても十分に通用する実力を持っている。

競合車がどちらかというと不得手な家族を乗せてロングドライブという使い方も、フィットなら大丈夫だ。

マイナーチェンジではスポーツグレード「RS」や6速MTの追加もありそうだ!

また、競合車は3気筒エンジンが主体のところ、フィットは4気筒であることもポイントだ。おかげでエンジンサウンドに安っぽい印象もない。上級仕様「LUXE(リュクス)」なら、その上質なドライブフィールをより引き立ててくれる。ノートにオーラがあり人気を博しているが、フィットにもちゃんと上質仕様があるのだ。

そんなフィットはまもなく登場2年半でマイナーチェンジを迎え、デザインのリフレッシュや装備のアップデートが図られるほか、待望のRSや6速MTがいよいよ復活する見込みという。件のマイナーチェンジが、個人的にもお気に入りのフィットのよさをより多くの人が見直すよい機会になるよう願いたい。

【筆者:岡本 幸一郎】

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円286.7万円
中古価格:
12.8万円290.7万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 鬼怒川金谷ホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる