残クレのある車を買取してもらう方法とは? 売却の手順や注意点、一括返済の方法を解説

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

残価設定クレジット(通称:残クレ)は、月々の支払額を抑えられる便利な自動車ローンですが、車を売却する際には通常のローンとは異なる手続きが必要です。

本記事では、残クレで購入した車を売却する際の手順、注意点、一括返済をする方法、少しでも返済の負担を減らすための「高価買取」のポイントを詳しく解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 残クレとは? 基本的な仕組みやメリット、買取の条件を解説
  2. 残クレ契約のある車を買取してもらう方法
  3. 残クレ契約の車を買い取ってもらう際の注意点
  4. 残クレ車の一括返済をする方法
  5. 残クレ車の買取に関するQ&A
  6. まとめ

残クレとは? 基本的な仕組みやメリット、買取の条件を解説

新たな車の購入方法として注目を集めている「残クレ」は、支払い金額を抑えられるうえメンテナンス費用などもお得になるため、よく選ばれている購入方法です。

一方で、通常の購入方法とは違う契約のため、売却をする際に買取をしてもらえるのかは気になるポイントでしょう。

まずは残クレの基本的な仕組みとメリット、買取をしてもらうための条件を詳しくご紹介します。

残クレ契約のある車を買取してもらう方法がすぐに知りたい方は、次の見出し「残クレ契約のある車を買取してもらう方法」をチェックしてください。

残クレの基本的な仕組み

残クレとは「残価設定クレジット」の略語です。

車を購入する際に、下取り価格を残価としてあらかじめ設定し、その下取り価格を差し引いた残りの金額に対してクレジット(ローン)を組みます。

例えば、500万円の新車に150万円の残価を設定した場合、ローンを組む金額は350万円です。

ローンの完済後には、いくつかの選択肢があります。ディーラーに車を返却すれば、残価の支払いは不要です。

一方、残価を一括で支払うか、さらにローンを組んで支払うと、車を返却する必要はありません。

残クレのメリット

残クレのメリットの1つは、月々の返済額を抑えられる点です。

残価を除いた金額でローンを組むため、頭金の準備や車両価格の全額を支払う必要がありません。高額な車種、グレードにも手が届くようになります。

また、ローン完済後は車両をディーラーなどの購入店に返却し、別の車に乗り換えることができ、新しい車に乗り続けられるのも残クレのメリットです。

残クレの注意点

多くの残クレの契約内容には、走行距離や傷に対する規定が含まれています。

年間走行距離の制限を超えた場合やボディの傷や内装の汚れなどが酷い場合には、残価が減額されて追加費用を請求されることがあるので注意しましょう。

残クレ契約のある車を買取してもらう方法

残クレで購入した車は、所有者がディーラーなどや信販会社となっています。本人名義ではないため、残クレ契約のままでは自由に売却ができません。

しかし、ローンと残価を完済すれば、通常の方法で購入した車と同様に買取をしてもらえます。

残クレで購入した車を途中で買取してもらうには、おもに2つの方法があります。

(1)ディーラーなどへの早期返却

(2)購入ディーラー以外の業者で買い取ってもらう

上記2つの方法について、具体的にご紹介します。

ディーラーなどに早期返却をする

残クレ契約の期限を待たず、購入したディーラーなどに早期返却できます。

早期返却を希望する場合は、まずディーラーなどに相談をしましょう。ローン残高を一括返済することで、車をディーラーなどに返却できます。

早期返却の場合は、残価が高くなるため、実質的にローン残高が少なくなることもあります。

たとえば、5年ローンの残クレで購入した車を2年で返却した場合、予定よりも3年分も車に乗っていないことになります。

すると車の下取り価格である残価が5年に比べて高くなりますから、実質的にローン残高が少なくなるメリットがあります。

ただし、契約内容によっては、早期返却時に違約金が発生する場合があるので注意が必要です。

購入ディーラー以外の業者で買い取ってもらう

残クレの車を購入したディーラー以外で買い取ってもらうには、ローン残高と残価のすべてを一括返済が必要です。

ディーラーや信販会社になっている車の名義を、売却する本人名義にする必要があるためです。

それぞれをまとめると、早期返却をする場合は「ローン残高の返済のみ」ですが、他社に買い取ってもらうには「ローン+残価部分の支払い」が発生します。

残クレ契約の車を買い取ってもらう際の注意点

残クレ契約の車を売却する際には、いくつかの注意点があります。多額の資金が必要になるので、なるべく高く買い取ってもらえるように慎重に検討しましょう。

残クレ契約の車を買取してもらう場合に、注意すべきポイントを具体的にご紹介します。

ディーラーなどへの早期返却は買取見積もりと比較する

ディーラーなどへの早期返却をする際には、購入店以外で買取見積もりを取ることをおすすめします。

早期返却では、ローン残高を支払えば残価部分の支払いは不要です。しかし、購入店以外の買取業者が残価よりも高額で買い取ってくれる場合は、残価をディーラーに支払ったほうが高額で売却できることもあります。

車種や年式によっては残価設定された金額よりも買取価格のほうが高い場合もあるため、必ず比較検討をしましょう。

一括返済となるので資金の用意が必要

残クレの車を売却する際には、早期返却でも他社に買取をしてもらう場合でも多額の資金が必要です。

特に、他社での買取ではローン残高に加えて、残価も一括でディーラー(もしくは信販会社)に返済する必要があります。

また、早期返却をする際も、信販会社に対してローン残高の全額の支払いが必要なケースもあるので注意しましょう。

購入した車の価格やローンの返済期間によって異なりますが、返済が一括になるのでまとまった資金が必要です。

少しでも高く買い取ってもらえる業者を探す

残クレの車を売却する際は、できるだけ高く買い取ってもらえる業者をみつけることが重要です。

ローン残高と残価を一括返済し、願わくば次の車の購入資金を手元に残すためにも、複数の業者から見積もりを取得して比較しましょう。

中古車価格は目安となる相場はあるものの、業者の査定基準によって大きく変わってきます。また、車種によって得意、不得意もあるので、できるだけ多くの業者に相談することをおすすめします。

車を楽に高く売れる一括査定サービス「MOTA車買取」とは

車の一括査定サービス「MOTA車買取」なら、車などの情報を1回入力するだけで、複数の買取店へ同時に見積もり依頼が可能。最短45秒で入力が終わるほど簡単です。

買取店とのやりとりは高額な査定を出した上位3社とだけ。MOTA車買取なら「たくさんの業者から電話がきてしまう」なんて心配もありません。

なによりメリットは、その上位3社に選ばれるために最大20社の買取店が競い合うため、高額査定が期待できることです。

苦労せずに高く車を売りたいなら、MOTA車買取でお見積もりを!

MOTA車買取でいますぐ査定をする


残クレ車の一括返済をする方法

残クレ車を買取してもらうためには、ローンの一括返済が必要です。また、ディーラーなどへの早期返却ではなく他社に売却する場合には、残価の支払いも発生するのでさらに負担が増えます。

残クレ車の一括返済で資金を調達する方法を3つご紹介します。

現金で支払う

もっともシンプルな方法が、現金での一括返済です。預貯金など手持ちの現金から、ローン残高と残価を精算します。現金で支払うと、ローン完済時点で金利がかからなくなる点が大きなメリットです。

ただし、手元に残る現金は当然減ってしまうため、次の車の購入資金やそのほかの生活資金に無理がないように慎重に検討しましょう。

マイカーローンを利用する

銀行などの金融機関の、マイカーローンを利用して資金を調達する方法もあります。残クレで組んだローンを、設定された残価も含めて借り換える形です。

ローンを組むという点では、残クレと同様ですが、車の名義が購入者本人になるので自由に売却できます。

ただし、残価も含めてローンを組むことになるため、残クレのローン金額より高くなる点には注意しましょう。

また、現在乗っている残クレ契約の車を手放したあと、次の車を購入する際にさらにローンを組む予定の場合、収入状況によっては十分な融資枠が確保できないおそれもあります。

新しく購入する車でオーバーローンを組む

オーバーローンという方法も、残クレを支払う方法の1つです。新しく購入する車のローンに、残クレのローン残高や残価も含めます。

例えば、新しく購入する車の価格が300万円で、残クレ車のローンと残価の合計が100万円だった場合、合計の400万円でローンを組みます。

ただし、オーバーローンを組むと実際に購入する車の代金以上の金額になるため、無理なく返済できるかを事前にしっかりと検討する必要があります。

また、ローンを利用する金融機関によっては、オーバーローンとして上乗せできる金額に制限を設けている場合もあるので注意しましょう。

残クレ車の買取に関するQ&A

残クレ車の買取について、多くの人が寄せる質問をご紹介します。また、少しでも疑問がある場合は購入店や買取店に十分相談して、納得のうえで売却してください。

残クレ契約期間中に買取してもらう際に違約金は掛からない?

一般的に、残クレの車を売却する際に違約金が発生することはありません。必要になる費用は、ローン残高や残価の精算のみです。ただし、契約内容によっては違約金が発生する場合もあるため、契約書やローン会社に確認を取ることをおすすめします。

残クレ車が他人名義の場合はどうやって買い取ってもらう?

残クレの契約が他人名義の場合でも、基本的に流れは変わりません。ただし、名義変更などの手続きに委任状が必要になる場合もあるので、ディーラーや売却先などに事前に相談しましょう。

残クレの契約期間が残っていてもスムーズに名義変更できる?

ローン残高や残価を支払えば、途中解約しても名義変更は問題なくできます。手続自体もディーラーなどで代行してもらえるので、ほとんど手間はかかりません。

走行距離がオーバーしていても買取してもらえる?

残クレ車の走行距離がオーバーしていても、買取には支障ありません。ただし、走行距離が多いと買取価格が下がることもあるので注意しましょう。

まとめ

残クレで購入した車も、問題なく買取してもらえます。残クレの車を買い取ってもらう際は、ディーラーなどに早期返却をすれば手続きがスムーズです。

一方、ディーラーなどで算定した残価が他社での買取価格より低い場合もあるので、複数の買取見積もりの取得がおすすめです。また、残クレを設定したディーラー以外で買い取ってもらう場合には、残価も含めてディーラーなどに支払ったうえで名義変更手続きが必要です。

残価の算定や手続きに時間がかかることもあるので、買取を検討する際は事前に残クレで購入したディーラーなどに相談しましょう。希望通りに買取してもらえるよう、しっかりと計画を立てて進めてください。

車を楽に高く売りたいなら、一括査定サービス「MOTA車買取」がおすすめ

どうせ車を売るなら、少しでも高く売りたいですよね?

そんな方におすすめなのが、無料の車一括査定サービス「MOTA車買取」

車などの情報を1回入力するだけで、複数の買取店へ同時に見積もり依頼が可能。MOTA車買取なら、最短45秒で入力が終わるほど簡単です。

買取店とのやりとりは高額な査定を出した上位3社とだけ。MOTA車買取なら「たくさんの業者から電話がきてしまう」なんて心配もありません。

なによりメリットは、その上位3社に選ばれるために最大20社の買取店が競い合うため、高額査定が期待できることです。

MOTA車買取の主な特徴

(1)45秒で入力完了! 簡単に査定依頼できる

(2)申し込み直後には電話がかかってこない

(3)業者とのやりとりは査定額の上位3社だけ

(4)最大20社が競い合うから査定額が高額に!

(5)“車両引取日の翌日まで”キャンセル無料

車の買取価格が知りたい方や、MOTA車買取の口コミが気になる方、車を少しでも高く売りたい方は下記バナーをクリック!

見積もり後でも無料でキャンセル可能です。まずはお気軽にお申込みください。

MOTA車買取でいますぐ買取価格を調べる


記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部が株式会社MOTAに還元されることがあります。

商品価格に変動がある場合、または登録ミスなどの理由により情報が異なる場合があります。最新の価格や商品詳細などについては、各ECサイトや販売店、メーカーサイトなどでご確認ください。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる