autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 無限カスタムのシビックハッチバックとヴェゼルに試乗|わがままなクルマ好きの期待に応える程よいチューニング

試乗レポート 2018/8/16 10:50

無限カスタムのシビックハッチバックとヴェゼルに試乗|わがままなクルマ好きの期待に応える程よいチューニング(1/2)

無限 シビックハッチバック
無限 シビックハッチバック無限 シビックハッチバック無限 シビックハッチバック無限 シビックハッチバック画像ギャラリーはこちら

ホンダ シビックハッチバックを無限がチューニングしたら?

2017年9月から日本国内でも販売されているホンダ シビックハッチバックは、僕達オヤジ世代にとってもちょっと気になる存在として、ときどき話題にあがる。

何しろオヤジ世代にとってシビックのハッチバックモデルは、常に“俺達のスポーツカー”みたいな感覚のクルマだったし、それなのに残念ながら8代目で廃止された。

9代目に至っては、限定モデルを除いては日本導入すらなくなったのだが、これが久方ぶりに国内で復活した。

>>六角形のマフラーが個性的!無限シビックハッチバックの画像を見る

2ペダル全盛期にMTも用意されているという貴重なモデル

無限 シビックハッチバック

シビックハッチバックの高性能版であるシビックタイプRはFF(前輪駆動)の世界最速級で、その点では素晴らしいし誇らしいけど、そのパフォーマンスはたぶん使い切れないしスタイリングは気恥ずかしいぐらいに派手だし値段は450万円だしで、ちょっと自分が乗ることは想像がつかない。

その点シビックハッチバックは182psに240Nmと、もしかしたら少し物足りないかも知れないけど使い切って走る楽しみを味わえそうだし、スタイリングは派手でもないし地味でもない部類ながら思いのほか悪くないし、値段だって280万円と300万円を切っている。

しかも、だ。これはやっぱり無視できない要素なのだけど、2ペダル全盛の時代にあって、シビックハッチバックにもちゃんとMTモデルが用意されている。

ただ、ほんのちょっとだけ物足りないような気がしないでもない、と感じる部分があるのも確かなのだ。もう少しだけ人と違う特別感のようなものが欲しいし、もう少しだけ気持ちのいい走りを予感させてくれる何かが欲しい。

派手なのはイヤだとか手に負えない速さはいらないなんて思ってるくせに、クルマ好きとはホントにめんどくさい人種である。

わがままなクルマ好きの気持ちに応えてくれる無限 シビックハッチバック

無限 シビックハッチバック
無限 シビックハッチバック

そうした細やかともワガママともいえるクルマ好きの気持ちに応えてくれているのが、無限のシビックハッチバックだった。

パッと見てハッキリ判るのは、そのスタイリングがスポーティな印象をグッと高めていること。ドライカーボン製のフロントグリルガーニッシュ(8万9000円/消費税抜・以下同)やABS製のフロントバンパーガーニッシュ(3万9000円)が顔の表情をキュッと引き締めていることもあるのだが、フロントアンダースポイラー(5万9000円)、サイドスポイラー(8万5000円)、リアアンダースポイラー(7万2000円)、テールゲートスポイラー(8万5000円)が装着されていることが最も大きい。

このエアロパーツ類、ちっともこれみよがしじゃなくて、コドモっぽさとかオモチャっぽさが全く感じられない大人っぽい風情なのに、ノーマルのスタイリングとは明らかに印象を異にしているところがいい。車体がワイドに、そしてグッと低く構えているように見えるのだ。

加えて19インチの“MDC”アルミホイール(19万6000円)と35扁平のタイヤで足元が引き締められている。

足回りはノーマルなのによく曲がる…そこには無限のノウハウが!

無限 シビックハッチバック

その構えの低い印象と、さらにいうなら当日は1日に8台のクルマを試乗することで頭が少し混乱していたこともあって、正直に白状するなら、僕はてっきりサスペンション周りにも手が入れられているものだと思い込んでいた。

何せこのシビックハッチバック、乗り心地が多少荒れた路面の上でもしなやかで快適なのに、とてもよく曲がるし、曲げるという行為そのものがとても楽しいクルマに感じられたのだ。だからダンパーもバネもノーマルと聞かされたときには驚いた。

それはシビックハッチバックの元々の実力のほどを証明したようなものでもあるのだけど、実はそれだけじゃなかった。長いことホンダのモータースポーツ活動を支えてきた無限のノウハウが、秘かにしっかりと活きていたのだ。

近日発売予定のブレーキやクイックシフターが秀逸!

無限 シビックハッチバック

何かといえば、まずはブレーキである。このクルマには現在開発の最中にあり、そう遠からず販売されることになるスリット入りのブレーキローターと、同じくブレーキパッドが備わっていた。

それが素晴らしかった。ブレーキペダルの踏み始めから強力な制動を立ち上がらせでググッと荷重をフロントタイヤに載せやすいし、その後の踏力に応じてフロントタイヤに載っている荷重の量を調整するコントロール性にも優れている。だからブレーキングからステアリング操作に入るその過程で、ノーズを思った方向に向けやすいのだ。

そしてもうひとつ重要に感じられたのが、これまた開発中のクイックシフター。何やらレバー比を変更してシフトストロークの量を短くしたり、シフトレバーをリジッドマウントにして操作時の剛性感を高めたりしてるということなのだが、おかげでシフト操作が素早く確実に行えるし、とりわけシフトダウンをしながらコーナーに入っていくときのリズムも作りやすい。

それもクルマのコントロールのしやすさに結びついているし、それがそのままクルマを操縦する気持ちよさにつながってもいる。

チューンナップはスピードのためのみにあらず、なのである。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ シビック の関連編集記事

ホンダ シビックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シビック の関連編集記事をもっと見る

ホンダ シビック の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR