autoc-one.jp 記事・レポート 特集 【はずさない】ドライブスポット 稀代のモテ車!ボルボ XC60 D4で1500キロ走破|北三陸”あのドラマの舞台”を巡る[北海道・東北 ぶらり寄り道 大回りの旅 後編]

ドライブ 2018/7/30 12:07

稀代のモテ車!ボルボ XC60 D4で1500キロ走破|北三陸”あのドラマの舞台”を巡る[北海道・東北 ぶらり寄り道 大回りの旅 後編](1/4)

画像ギャラリーはこちら

じぇじぇじぇ!おら、北三陸に来ただ!

稀代のモテ車、ボルボ XC60 D4で往く北海道・東北を旅するぶらり寄り道 大回りの旅。

<参考 前編はこちらから!>

>>稀代のモテ車!ボルボ XC60 D4で1500キロ走破|北海道・東北 ぶらり寄り道 大回りの旅[前編]

前編では北海道内を1日で660キロ走破。深夜に苫小牧からシルバーフェリー(川崎近海汽船)に乗り込み、無事八戸に上陸したところで終わりました。ここからは東北を旅する後編のスタートです。

フェリーが到着した八戸市は、青森県でも南東側に位置します。少し南下すればもう、岩手県の北三陸エリアに突入!

北三陸といえば・・・「じぇじぇじぇ!」(さすがにちと古い)

2013(平成25)年度に放映されたNHKのテレビ小説「あまちゃん」の舞台ではないですか!

>>北三陸の美しい風景を往くボルボ XC60 D4を画像ギャラリーでもじっくり堪能

ドラマの舞台となった岩手県久慈市へ

朝ドラ「あまちゃん」といえば、クドカン作品らしい伏線が張り巡らされたコメディタッチの楽しいストーリー展開の中にも、2011年3月11日に発生した東日本大震災の事象についてもしっかり描かれていたり、劇中歌が現実にヒットするなど、放映当時はかなりの話題を呼びました。あれから5年。果たしてドラマのロケ地はどうなっているのでしょうか。その後が気になるところです。

ちなみにあまちゃんの主な舞台となった岩手県久慈市(ドラマの中では架空の北三陸市という設定)は、八戸市からおよそ60キロ弱、1時間半程度の道のりです。お、近い近い。この後ボルボ XC60 D4を「700km」(!)運転して東京に帰ることもあり、昨日ほど爆走しなくても寄り道出来るのは嬉しい限りです(笑)。

ドラマを熱心に観ていた方は久しぶりにグッとくる、観てなかった方は・・・美しいリアス式海岸が織り成す三陸の風景をご堪能ください!

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ボルボ XC60 の関連編集記事

ボルボ XC60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC60 の関連編集記事をもっと見る

ボルボ XC60 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR