稀代のモテ車!ボルボ XC60 D4で1500キロ走破|北三陸”あのドラマの舞台”を巡る[北海道・東北 ぶらり寄り道 大回りの旅 後編](1/4)

じぇじぇじぇ!おら、北三陸に来ただ!

稀代のモテ車、ボルボ XC60 D4で往く北海道・東北を旅するぶらり寄り道 大回りの旅。

<参考 前編はこちらから!>

>>稀代のモテ車!ボルボ XC60 D4で1500キロ走破|北海道・東北 ぶらり寄り道 大回りの旅[前編]

前編では北海道内を1日で660キロ走破。深夜に苫小牧からシルバーフェリー(川崎近海汽船)に乗り込み、無事八戸に上陸したところで終わりました。ここからは東北を旅する後編のスタートです。

フェリーが到着した八戸市は、青森県でも南東側に位置します。少し南下すればもう、岩手県の北三陸エリアに突入!

北三陸といえば・・・「じぇじぇじぇ!」(さすがにちと古い)

2013(平成25)年度に放映されたNHKのテレビ小説「あまちゃん」の舞台ではないですか!

>>北三陸の美しい風景を往くボルボ XC60 D4を画像ギャラリーでもじっくり堪能

ドラマの舞台となった岩手県久慈市へ

朝ドラ「あまちゃん」といえば、クドカン作品らしい伏線が張り巡らされたコメディタッチの楽しいストーリー展開の中にも、2011年3月11日に発生した東日本大震災の事象についてもしっかり描かれていたり、劇中歌が現実にヒットするなど、放映当時はかなりの話題を呼びました。あれから5年。果たしてドラマのロケ地はどうなっているのでしょうか。その後が気になるところです。

ちなみにあまちゃんの主な舞台となった岩手県久慈市(ドラマの中では架空の北三陸市という設定)は、八戸市からおよそ60キロ弱、1時間半程度の道のりです。お、近い近い。この後ボルボ XC60 D4を「700km」(!)運転して東京に帰ることもあり、昨日ほど爆走しなくても寄り道出来るのは嬉しい限りです(笑)。

ドラマを熱心に観ていた方は久しぶりにグッとくる、観てなかった方は・・・美しいリアス式海岸が織り成す三陸の風景をご堪能ください!

ボルボ/XC60
ボルボ XC60カタログを見る
新車価格:
625.4万円944万円
中古価格:
50万円917万円
1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ボルボ XC60の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ XC60のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ XC60の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ XC60の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ XC60のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる