autoc-one.jp 記事・レポート 特集 【はずさない】ドライブスポット 稀代のモテ車!ボルボ XC60 D4で1500キロ走破|北海道・東北 ぶらり寄り道 大回りの旅[前編]

ドライブ 2018/7/25 22:20

稀代のモテ車!ボルボ XC60 D4で1500キロ走破|北海道・東北 ぶらり寄り道 大回りの旅[前編](1/4)

画像ギャラリーはこちら

北海道からフェリーで東北に渡り、さらに東京までロングドライブを決行

北陸・金沢から500キロ、ボルボ XC60 D4で一路東京を目指すロングドライブについて書かれた飯田裕子さんのレポート、皆さんはもうご覧になっていただけましたか?

<まだの方はこちらから!>

金沢~東京500キロ、ボルボ XC60は安心・安全・快適でロングドライブにとても素敵なパートナー

2017年秋にデビューするや、瞬く間にモテモテの人気モデルとなった2代目XC60。裕子さんがドライブしたのは、遅れて2018年春に導入を開始した「D4」ディーゼルモデルでした。北欧らしい居心地の良い内装、洗練されたエクステリア、そしてトルクたっぷりなディーゼルエンジン・・・夢のような組み合わせでロングドライブができるなんて、そんなお仕事羨まし過ぎます!

編集部でひとり唇を噛みしめていたところ、ボルボ・カー・ジャパンから1本の電話。

「今度はボルボ XC60で、北海道から東京まで試乗してみませんか!?」

ええっ、僕でいいの!? 喜び勇んで、羽田から一路北海道へと渡ったのでした。

>>北海道~東京1500キロ ボルボ XC60 D4の旅を画像でじっくり堪能

鉄ヲタおじさんたちが素直に真っすぐルートを辿るはずがない!?

初夏の新千歳空港で渡されたのは、美しいレザーに覆われたお洒落なXC60のリモコンキーと、苫小牧西港を深夜に出て翌朝青森・八戸港に着く夜行フェリーの予約チケット。

「明日中に東京まで戻って頂ければ!」

笑顔で送り出されたワタクシ編集部TとKカメラマン。苫小牧~八戸のフェリー以外特に予定は定められておらず、コースは自由。共に鉄道ヲタクのオジサンコンビ、行き当たりばったりで乗り切ります。

旅の相棒はボルボ XC60 D4 AWD Inscription(インスクリプション)[4WD]。XC60の上級グレードで、裕子さんたちがドライブしたのとも同じ。試乗車はエアサス仕様でした。

新型XC60に代表される新世代ボルボは、例えばショールームで見かけた瞬間に「カッコいい」「ステキ!」と一目惚れさせるほど、内外装デザインの面でも商品力をグッと高め、評判を呼んでいます。モテモテです。

しかしボルボ・カー・ジャパンの広報担当がロングラン試乗に際しいつも繰り返しおっしゃるのは「より長く乗ることで、もっと深くボルボ車の魅力を知ってもらうことが出来るはずです」。走り込むことでXC60の本質をじっくり見極めて欲しい。そういうメッセージと受け止めました。

ちなみに新千歳空港から苫小牧フェリーターミナルまではおよそ20キロ、せいぜい30分そこそこの道のり。時刻はまだ朝だから、出航まで丸々半日以上ある! ならば僕らも、ひたすら走って走って走るしかない!!

さあて、どこへ「寄り道」しましょうか。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ XC60 の関連編集記事

ボルボ XC60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC60 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR