ガソリン・ディーゼル・ハイブリッドに続くフル電動SUVという選択肢 BMW iX3試乗レポート/BMW【PR】(1/2)

画像ギャラリーはこちら
BMWのミドル級SUV(SAV)であるBMW X3に、フル電動モデル『BMW iX3』が登場した。90kWを超えるリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離は461km※(WLTP)と十分に実用的なレベル。ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドに続く第4の選択肢、その実力をモータージャーナリスト橋本洋平さんがテスト。
目次[開く][閉じる]
  1. BMW X3シリーズに新たに加わったフル電動モデルBMW iX3
  2. さりげなくEVの意匠を取り入れた演出
  3. 電動化でもBMWらしい走りを実現
  4. 電動SUVならではの安定した走り
  5. 操作系にこだわったことで走り好きも満足の仕上がり
  6. 高出力な急速充電器への対応で充電時間を短縮

BMW X3シリーズに新たに加わったフル電動モデルBMW iX3

BMW X3がLCI(Life cycle impulse つまりはマイナーチェンジ)のタイミングで新たなるパワーユニットを搭載したモデルを追加した。それがBMW iX3と名付けられた電気自動車、すなわちBEV(バッテリーEV)である。BMW X3にはガソリン、ディーゼル、そしてPHEV搭載車がすでに存在していたが、そのラインアップにBEVを加えることで、時代の変化やユーザーニーズに柔軟に対応しようということなのだろう。

同時に発表されたBEVのBMW iXも注目の一台だが、ボディサイズは全長×全幅×全高が4953×1967×1695mm。いっぽうBMW iX3は4740×1890×1670mmとひと回り小さいことから、使用環境によってはコチラのほうが馴染みやすいかもしれない。

馴染みやすいという点においてはエクステリアデザインも、これまでのBMW X3の系統であることがひと目で理解できる。基本的にはLCI後のBMW X3 M Sportをベースとし、スポーティなテイストとしているが、BEVであることを主張するかなり閉じられたキドニーグリル、空力向上を狙ったホイールデザイン、さらに排気系が一切感じられないスッキリとしたテールデザインがわずかに他のBMW X3とは違っている。

さりげなくEVの意匠を取り入れた演出

一方でインテリアも既存のBMW X3と基本は変わらず、BMW iのブルーがステッチ、シフト周辺、そしてメーター色などにわずかに与えられているだけに留まっている。このようにBEVを“さりげなく”演出していることがBMW iX3らしさなのだろう。

使い勝手についてもラゲージ床下容量がわずかに減り、リア乗員の踵位置が10mm高くなる程度で留められている。乗った感覚に違和感なく、ラゲージも相変わらず広大。リアシートは床面と段差なく前方に倒すことも可能だから、ほとんどほかのBMW X3と変わらない仕上がりだ。

電動化でもBMWらしい走りを実現

都心のオフィス街にある編集部からBMW iX3をスタートさせる。当然だが圧倒的な静けさと同時にスムーズに動き出し、早朝の静けさを乱すことがないところはさすがBEV。サイズ感が程よいことから、窮屈なパーキングからの脱出も、ホイールを引っ掛けてしまいそうな曲がり角もスルリと気を遣わずにクリアして行く。瞬時に温まるシートヒーター、そして暖かさもシッカリとしたエアコンもまたBEVを言い訳にすることはない。どこもかしこも当たり前の時間が流れて行くところは有難い。

最高出力210kW(286PS)、最大トルク400Nmを発揮するパワーユニットは、後輪を駆動する。BEVの性質上FRと表現して良いかは微妙か!? 車検証上の車両重量は2200kgで、フロント軸重950kg、リア軸重1250kg。そこから計算すると、前後重量配分は約43:57と、なんとリアヘビーである。FRというよりMRといったほうが色々と都合が良いかもしれない。モーターはリアにあるわけだし……。

ただ、だからといって走りがこれまでのBMWと全く違うのかといえば答えはノーだ。スッキリとしたハンドリング。そして素直で扱いやすい出力特性もまたBMWらしさは光っており、ドライバビリティに優れている。BEVらしさを出そうと低速からむやみやたらにトルクを奢るようなことはしていない。エコモードとスポーツモードで応答は違うが、いずれでもリニアさは失わないように調教されており、高速道路に乗れば時速60キロを超したあたりからの伸び感も忘れてはいない。扱いやすさと気持ち良さが上手く共存している。ちなみに0-100km/h加速は6.8秒とこの手のSUVとしては十分な数値である。

*記載の情報やデータは一部ヨーロッパ仕様車値を含みます。仕様が異なる場合や日本導入時に変更となる場合もありますので予めご了承下さい。

>>BMW iX3をもっと詳しく知る[公式サイト]

BMW/X3
BMW X3カタログを見る
新車価格:
713万円998万円
中古価格:
59万円1,100.6万円
BMW/X4
BMW X4カタログを見る
新車価格:
792万円1,022.5万円
中古価格:
226万円820万円
BMW/X3 M
BMW X3 Mカタログを見る
新車価格:
1,210万円1,313万円
中古価格:
894万円1,032.8万円
1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

橋本 洋平
筆者橋本 洋平

学生時代は機械工学を専攻する一方、サーキットにおいてフォーミュラカーでドライビングテクニックの修業に励む。その後は⾃動⾞雑誌の編集部に就職し、2003年にフリーランスとして独⽴。 ⾛りのクルマからエコカー、そしてチューニングカーやタイヤまでを幅広くインプレッションしている。 レースは速さを争うものからエコラン大会まで好成績を収める。また、ドライビングレッスンのインストラクターなども⾏っている。 AJAJ・⽇本⾃動⾞ジャーナリスト協会会員。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 名泉鍵湯 奥津荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

BMW X3の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW X3のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW X3の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW X3の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW X3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる