autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW i3 海外試乗レポート/日下部保雄

試乗レポート 2013/10/28 18:50

BMW i3 海外試乗レポート/日下部保雄(1/3)

関連: BMW Text: 日下部 保雄 Photo: BMW Japan
BMW i3 海外試乗レポート/日下部保雄

BMWの電気自動車を、インフラの進むアムステルダムで試乗

BMW i3BMW i3

待望のBMW製EV(電気自動車)『i3』に乗るチャンスがやってきた。日本での販売は来年の春になるが、ヨーロッパでは11月から受注発売となる。一足先にレポートしよう。

試乗会の舞台となったのはオランダのアムステルダム。ここはヨーロッパでも電気自動車のインフラが進んでいる国で、市内の至る所に充電設備がある。

ずらりと並んだi3はなかなか壮観だ。i3には大きく分けてフルEVと2気筒エンジンを搭載したレンジエクステンダー付があるが、今回用意されていたのはフルEVのi3。内装は4つのグレードの中から「SWEET」と呼ばれる内装。

i3の概要を簡単に説明すると、ボディサイズは全長3999㎜×全幅1775㎜×全高1578㎜。背の高いボディにリアエンジン、リアドライブのメカニズムを持つ。バッテリーは床下に搭載する。

BMW i3BMW i3BMW i3BMW i3BMW i3
BMW i3BMW i3BMW i3BMW i3BMW i3

車両重量は、日産「ノート」よりも僅かプラス100㎏ほど

BMW i3
BMW i3BMW i3

i3がユニークなのは買量産車としては初めてカーボンコンポジットのボディを使い、プラットフォームはアルミで作られ、EVとしては非常に軽量に作られていることだ。車両重量1195㎏と言うのは日産「ノート」よりも100㎏ほど重いだけで、スペックが違うとはいえ、日産「リーフ」の1460㎏から比べればかなり軽いことが分かるだろう。

モーター出力は125kW/250Nmで、バッテリーは360V 22kWhのリチウムイオンを床下に搭載する。走行距離はエアコンなどを使う現実的なBMW流条件で160㎞で、節電運転をすると200㎞以上を走ることも可能なようだ。

BMWは持続可能環境、そしてクルマを将来も使えるようにCO2削減に熱心だが、さらに車両にリサイクル可能なパーツを極力使っている。アルミのプラットフォームももちろんだが、カーボンの車体、内装材等の多くを部材を従来の部材と置き換えることでリサイクル率をかなり向上させている。

タイヤサイズは標準は前後155/70R19というユニークなサイズを履くが、試乗車の後輪はオプションの175/65R19を装着していた。それにしても電気自動車ならではの他では見ないタイヤサイズだ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW の関連編集記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR
BMW 関連サービス