autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 アバルトにラグジュアリーボートとのコラボモデル登場|黒を基調としたシックな発表会の様子をお届け

新型車リリース速報 2018/11/12 15:34

アバルトにラグジュアリーボートとのコラボモデル登場|黒を基調としたシックな発表会の様子をお届け

関連: アバルト Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
(左)FCAジャパン株式会社 ポンタス・ヘグストロム 代表取締役社長 兼 CEO/(右)株式会社リュウカンパニー 神影 隆一 代表取締役
Abarth 695C Rivale(アバルト 695C リバーレ・限定モデル)Abarth 695C Rivale(アバルト 695C リバーレ・限定モデル)Abarth 695C Rivale(アバルト 695C リバーレ・限定モデル)Abarth 695C Rivale(アバルト 695C リバーレ・限定モデル)画像ギャラリーはこちら

150台限定!ラグジュアリーボートとアバルトがコラボ

「ABARTH DAYS 2018」プレスカンファレンスにて[2018年11月9日/スパイラルガーデン(東京都港区南青山)]

2018年11月9日、FCAジャパンはラグジュアリーボートメーカーである「リーヴァ」社とのコラボにより実現した限定車、「アバルト 695/695Cリヴァーレ」を発表した。価格は405万円~422万円(税込)。150台限定の導入で、デリバリーは2019年1月以降を予定している。

695/695Cリヴァーレは、「アバルト 695トリブートフェラーリ」「アバルト 695エディツィオーネマセラティ」に続いて3台目のコラボ実現車となる。

イタリアの老舗ラグジュアリーボートブランドとして世界的に有名なリーヴァ社は、様々なレースで多くの金字塔を打ち立ててきている。

その長い歴史、そして革新的なボートづくりを極める探求心が、アバルトブランドに流れるチャレンジングスピリットとも相通じるものがあり、コラボが実現した。

なお、今回の発表イベントには、FCAジャパン 代表取締役社長兼CEO ポンタス・ヘグストロム氏、同 マーケティング本部 プロダクトマネージャー 生野逸臣氏、Riva社日本正規ディーラー 株式会社リュウカンパニー 代表取締役 神影隆一氏が登壇。

その発表会の様子もお届けする。

>>アバルト 695/695C リヴァーレ 高級感溢れる内外装を画像でみる

アバルトとリーヴァ社の特別なストーリー

695/695C リヴァーレは、アバルトの創設者であるカルロ アバルト氏と、同じ名前を持つリーヴァ社の創設者のカルロ リーヴァ氏に共通した仕事に対する情熱や想像力が、現代になって繋がった特別なモデルである。

カルロ アバルト氏のチャレンジングスピリット

「ABARTH DAYS 2018」プレスカンファレンスにて[2018年11月9日/スパイラルガーデン(東京都港区南青山)]「ABARTH DAYS 2018」プレスカンファレンスにて[2018年11月9日/スパイラルガーデン(東京都港区南青山)]

物語は1965年10月20日、モンツァ・サーキットで行われたアバルトのFIA世界スピード記録チャレンジに遡る。

自ら強く志願しシングルシーター・マシンに登場、クラス新記録を達成したのは、57歳を迎えたカルロ アバルト氏だった。

この時、レコードカーの狭いコックピットに乗るために、氏は食事のほとんどをリンゴに置き換えるリンゴダイエットを敢行、見事30kgの減量に成功した。

会場にはそのエピソードを印象づけるため、リンゴを展示するという粋な演出もみられた。

会場はシックなブラックで統一

「ABARTH DAYS 2018」プレスカンファレンスにて[2018年11月9日/スパイラルガーデン(東京都港区南青山)]Abarth 695C Rivale(アバルト 695C リバーレ・限定モデル)イタリア・リーヴァ社の最新鋭56フィート・フライブリッジボート「リヴァーレ」(模型)

現地では、入り口から長い黒色のカーペットが敷かれ、スタッフが全員黒服を着用しており、今回コラボに至ったラグジュアリーボート「リーヴァ」のメインカラーであるブラックを基調にした空間作りが徹底されていた。

アバルト 695/695C リヴァーレ 3つの特徴

今回発表されたアバルト695/695Cは、リーヴァ社製の最新鋭56フィート・フライブリッジボート「リヴァーレ」からインスピレーションを受けてデザインされた内外装が特徴である。

インテリア

Abarth 695C Rivale(アバルト 695C リバーレ・限定モデル)Abarth 695C Rivale(アバルト 695C リバーレ・限定モデル)

ブラックを基調とするインテリアにはブルーレザーを用いたシートやメーターフード、ステアリングホイールと組み合わせると共に、ダッシュボードやステアリングホイールの一部には、アクセントとしてマホガニーを採用。ラグジュアリーボートを想起させる上質な空間を実現した。

エクステリア

Abarth 695C Rivale(アバルト 695C リバーレ・限定モデル)Abarth 695C Rivale(アバルト 695C リバーレ・限定モデル)

ボディカラーは海を象徴するリーヴァヴルーとなっており、アクアマリーナのアクセントラインが加えられたツートンカラーに仕上がっている。

また、足元にはリーヴァのメインカラーにもなっているブラックを象徴した、ブレンボのキャリパーが装着され、エレガント且つスポーティなスタイルを実現した。

さらに、随所にあしらわれたクロームパーツがアクセントとなり、ラグジュアリーな雰囲気をより一層高めた。

アバルト 695/695C リヴァーレ スペック

   
695 リヴァーレ 695C リヴァーレ
価格 405万円(税込) 422万円(税込)
全長 3660mm 3660mm
全高 1625mm 1625mm
全幅 1505mm 1505mm
ホイールベース 2300mm 2300mm
車両重量 1120kg 1160kg
駆動方式 FF FF
トランスミッション形式 ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション
エンジン種類 直列4気筒 DOHC 16バルブインタークーラー付ターボ 直列4気筒 DOHC 16バルブインタークーラー付ターボ
総排気量 1368cc 1368cc
最高出力 180PS/5500rpm 180PS/5500rpm
最大トルク 230Nm/2000rpm 230Nm/2000rpm
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 35L 35L
JC08モード燃費 13.4km/L 申請中

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

アバルト の関連編集記事

アバルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アバルト の関連編集記事をもっと見る

アバルト の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR