アルピーヌ A110S海外試乗|期待を超えるコーナリングを魅せたトップエンドモデル(1/5)

画像ギャラリーはこちら
アルピーヌ A110をベースとしたトップエンドモデル「A110S」が発表されたのは、2019年6月のこと。40PSも向上したパワフルなエンジンと新しくチューニングされた足回りで、A110Sはラインナップ最高のピュアスポーツモデルとなったのか?

日本導入を目前に、異国情緒あふれるポルトガルでの試乗を自動車ライター嶋田 智之氏がレポートする。

>>美しすぎる走りにため息! アルピーヌ A110Sを見る[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 本気で買いたくなる悩ましい存在、アルピーヌ A110
  2. 念願の上級モデル、ついに登場
  3. A110Sに会うため、ポルトガルへ
  4. エンジニアは語る
  5. 見た目の違いはこんなところに
  6. A110の素晴らしさをA110Sに期待できるか?
  7. それはハッキリと、硬かった
  8. 一般道とサーキット、ここまで違った乗り心地
  9. A110Sの真髄、思わず声が漏れるほど…
  10. 結局、さらに悩ましい存在となったアルピーヌ
  11. 日本でも先行予約は始まっている

本気で買いたくなる悩ましい存在、アルピーヌ A110

スポーツカーとしてのパフォーマンスと走らせる楽しさ、それに日常使いにおける乗り心地の快適さと扱いやすさ。加えて、エレガントな佇まい。

それらひとつひとつが高得点であるだけじゃなく絶妙なバランスを描いていることで、おそらく2018〜2019年にスポーツカーとして最も高い評価を受けたクルマだと思われる、アルピーヌ A110。

いいクルマは、ドライバーを主役にする

2017年年末のフランスでの初試乗から今日までに走らせた新しいスポーツカーの中で、最も感銘を受けたのがこのクルマだ。

過剰ではなく持て余さないギリギリのパワー、意志と直結してるかのようなハンドリング、そして僕のようなたいしたことないドライバーですらチャレンジを楽しませてくれるコントロール性の高さ。往復1500kmオーバーのロングを2度ほど走ってみて、身体で理解できた疲れ知らずの快適性。

その出来映えからしたら値段は相当に高バリューだし、もちろん金額は安くはないけど何が何でも絶対無理ってわけでもないんじゃないか? などとついつい考えちゃう微妙なゾーンにあることもあって、僕の中で常に悩ましい存在であり続けている。

アルピーヌ/A110
アルピーヌ A110カタログを見る
新車価格:
805.7万円844.4万円
中古価格:
757.6万円798万円

念願の上級モデル、ついに登場

東京モーターショー2019でお披露目

けれどその一方で、もう少し高いパフォーマンスを望む声が世界中から聞こえてきてたのも事実だった。ここまでいいんだから、どうせならもっと…とついつい望んでしまうのは、古来から人間が持つ業のようなものである。

アルピーヌもそんなことは先刻承知で、ちゃんと一段階上の高性能モデルを開発していた。それが2018年6月に発表され、日本では今回の東京モーターショー2019でお披露目された、A110Sだ。

A110Sに会うため、ポルトガルへ

パワーも回転数もアップ

幸運なことにポルトガルのエストリル・サーキットとその周辺の一般道で、A110Sにいち早く試乗することができたので、御報告しよう。すでにMOTAでもモーターショーで展示されたA110Sが紹介されているけれど、現場でエンジニアに少し突っ込んだことを聞いてきたので、まずはその辺りから。

ぶっちゃけ、「A110のエンジンのパワーを上げて足周りを締め上げたのがA110Sなわけでしょ?」といわれたら、確かにそのとおりだ。1.8リッター+ターボのパワーユニットに関しては、ブースト圧を0.4bar高めるなどのチューンナップで、最高出力は292PS/6400rpm、最大トルクは320Nm/2000~6400rpmへと向上している。

パワーが40PSも高くなってる計算だけど、それよりむしろ注目すべきなのは、発生回転の方。最高出力の発生回転数が400rpm高くなり、最大トルクに至っては2000rpmから6400rpmまで延々と噴出し続ける、というわけだ。

最高速度は260km/hに

車重は1114kgだから、パワーウエイトレシオは3.8kg/PSでスタンダードなA110より0.5kg/PS向上していて、そのための静止状態から100km/hの加速タイムは4.4秒と0.1秒速くなっている。さらに最高速度は260km/hと10km/h伸びている。

けれどアルピーヌA110というクルマが直線一気型のスポーツカーとは対極にあるスポーツカーとして生まれている以上、高性能ヴァージョンであったとしても、最も重要なのはシャシーに加えられた変更の方だろう。

1 2 3 4 5 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
嶋田 智之
筆者嶋田 智之

本人いわく「ヤミ鍋系」のエンスー自動車雑誌、『Tipo』の編集長を長く務め、スーパーカー専門誌『ROSSO』の総編集長を担当した後、フリーランスとして独立。2011年からクルマとヒトに照準を絞った「モノ書き兼エディター」として活動中。自動車イベントではトークのゲストとして声が掛かることも多い。世界各国のスポーツカーやヒストリックカー、新旧スーパーカー、世界に数台の歴史的な名車や1000PSオーバーのチューニングカーなどを筆頭に、ステアリングを握ったクルマの種類は業界でもトップクラス。過去の経歴から速いクルマばかりを好むと見られがちだが、その実はステアリングと4つのタイヤさえあるならどんなクルマでも楽しめてしまう自動車博愛主義者でもある。1964年生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

アルピーヌ A110の最新自動車ニュース/記事

アルピーヌのカタログ情報 アルピーヌ A110のカタログ情報 アルピーヌの中古車検索 アルピーヌ A110の中古車検索 アルピーヌの記事一覧 アルピーヌ A110の記事一覧 アルピーヌのニュース一覧 アルピーヌ A110のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる