フランスの個性派、日本初公開のアルピーヌA110Sと新型ルーテシアを展示【東京モーターショー2019】

画像ギャラリーはこちら
2019年10月23日より東京ビッグサイト及びお台場周辺地域で開催されている東京モーターショー2019。ルノーとアルピーヌのブースでは、日本初公開を含む複数車両が展示されていた。

>>美女と車体が写真映え! 新型ルーテシアとアルピーヌA110Sの内外装を見る

日本初公開となるアルピーヌ A110Sの特長とは

まず紹介するのは、1955年に創設されたスポーツカーメーカーで、2016年に復活を遂げたアルピーヌから登場した「A110S」だ。

昨年日本でもデリバリーが開始されたA110のラインナップに追加されたA110Sは、よりスポーツ性能を高めたモデルとなっており、東京モーターショー2019で日本初公開となる。

エンジン最高出力を40PSもアップ

カーボンファイバールーフを始めとするエクステリアの変更点も数多いが、その中でもやはり注目なのは、従来のA110よりも40PSも出力が向上されたエンジンだろう。4気筒の1.8リッターターボという基本は変わらないものの、ブースト圧を0.4bar向上させたことで292PSの最高出力を実現しているのだ。

もちろん、増加したパワーを受け止めるタイヤもサイズアップされ、フロント215、リア245となり、ブレーキにはブレンボ製ブレーキキャリパーとバイマテリアルディスクがおごられている。

限定発売ではない! しかし価格は899万円…

今回のA110Sは、2019年11月後半にデリバリーが開始予定とのことだが、喜ばしいのは限定販売ではないということ。ただし、予定販売価格は今までより50万円近くあがり、899万円となっているが…。

ルノーブースでは新型ルーテシアを参考出品

続いて紹介するのは、通算で5世代目となる新型ルーテシア(本国名クリオ)だ。

エクステリアは、基本的にはキープコンセプトであるが、ヘッドライトにはメガーヌと同様に現在のルノーを象徴するCシェイプライトを採用している。

一方の内装は、従来型とは大きく異なり、センターコンソールに大型のモニターを備える近代的なものとなっている。

日本では仕様が変更される可能性も

今回展示されたモデルは、あくまで参考出品の本国モデルであり、日本仕様がどうなるかは不透明とのこと。どうやら現状のモニターのままでは日本向けのナビなどが使えないなどの問題があるようだ。

パワートレインは、1.3リッターターボに7速EDC(エフィシェント デュアル クラッチ)の組み合わせとなっているが、これ以外の仕様が日本に導入されるかどうかも現在では未定。残念ながら本国に設定のあるディーゼルモデルは導入予定はないそうだ。

ブースでは新型トゥインゴの展示も

このほかルノーブースには、ニュルブルクリンクFF最速のDNAを持ち、メガーヌ ルノー・スポール史上、最もパワフルな300PSを発生するエンジンを搭載したメガーヌ ルノー・スポールトロフィーや、先日一部改良がされたばかりの新型トゥインゴも展示されている。

[筆者:小鮒 康一]

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

おすすめの関連記事