autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 【アンダーステア】カーブを曲がりきれない!そんな時はどうすれば良い?

自動車用語 2009/12/7 09:00

【アンダーステア】カーブを曲がりきれない!そんな時はどうすれば良い?

Text: 清水 草一 Photo: 原田淳
【アンダーステア】カーブを曲がりきれない!そんな時はどうすれば良い?

【アンダーステア】カーブを曲がりきれない!そんな時はどうすれば良い?

妻の運転で山道を走っている時、途中からきつくなるカーブがあり、曲がりきれずにガードレールと接触してしまいました。

彼女はとても落ち込んでいましたが、何が悪かったのでしょう。

その疑問、「MJブロンディ」がお答えいたします!

イメージ画像:トヨタ オーリスRS

一般ドライバーのみなさんが「カーブを曲がりきれずにぶつかった」という事故ですが、その多くは我々の言う「手アンダー」によるものです。

これは、クルマ自体の曲がる性能にはまだまだ余裕があったにもかかわらず、ドライバーがしっかりとハンドルを切り足すことができなかったために起きる事故です。

クルマの性能の限界を超えて曲がりきれないことを「アンダーステア(略してアンダー)」と言いますが、手が原因でそれが起きるため「手アンダー」と呼ぶんですね。

原因は、ドライビングポジションとハンドルの回し方にあります。ポジションが遠すぎて、ハンドルの上部までしっかり手が届かない状態だと、カーブの途中でハンドルを切り足そうとしても手が届かない!という珍悲劇になります。

カーブで横Gがかかると、体が多少左右にズレて余計に遠くなるので、ハンドルを上部を握っても肘に少し余裕のあるポジションを取るようにしてください。そうでないと、危機管理能力がありません。

また、カーブでハンドルを切る際、なぜか両手を切る側に持ち替える(右に切るなら右側を両手で持ってしまう)ドライバーがいます。これでは、カーブが途中で深くなっていたら、切り足すことはできません。

私は、カーブの途中でも両手が9時15分あたりを握っていられるように心がけています。

カーブの途中、ハンドルのどこを握っているかには、いろいろな流儀がありますが、カーブの最中でも、左右どちらにも切ることができるハンドルの握り方なら、なんでもいいです。

MJブロンディの「ひとりごと」

サーキットなどで、カーブの深さを見誤り、クルマの性能の限界を超えてハンドルを切り足さなければならない場合は、ハンドルを切ると同時にブレーキを踏んで前輪に荷重をかけましょう。

こうするとハンドルの効きが良くなりますし、ブレーキによる減速でクラッシュも軽く抑えることができます。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!