トヨタ トヨタがインドでカルチャーショック

記事・レポート 特集 日本にない日本車 トヨタがインドでカルチャーショック

日本にない日本車 トヨタ エティオス ~インドの道で鍛え抜いた!新トヨタ世界戦略の真実~ /桃田健史 (2/2)

トヨタ 車種情報

Text :
トヨタがインドでカルチャーショック

トヨタがインドでカルチャーショック

「エティオス」の開発責任者は2006年の着任以来、数十回、インドを訪れた。さらに、インド国内に日本人の開発チームが常駐し、インド人と寝食を共にして現地事情を探った。

そこで、様々なカルチャーショックを受けた。道路が狭い、駐車場が狭い、路面が悪く大きな石もゴロゴロ、路肩が斜めになっている、運転マナーが悪く渋滞でボディがこすれることが多い、ラクダ/牛/羊などが道で共存している。またモンスーンで洪水が多く、ホコリまじりの霧で視界不良の日も多いなどなど。一方、経済発展著しいインドの首都・デリーなどでは、道路整備が急速に進んでいた。そして、庶民の移動手段は、小型バイクが主流だ。それより少し収入がある人は、マルチスズキの小型車を買うが、定員5名に対して、大人が6、7人乗車も多い。なぜなら、ガソリンが高いからだ。リッター50~60ルピー(約71~86円)だが、これはインドの物価を考えると日本では600円近い感覚だ。

また、トヨタが数百人単位で聞き取り調査したところ、「クルマは壊れるモノ」という感覚がインドでは当たり前。だから「壊れにくくて、仮に壊れてもディーラーでしっかりサービスして欲しい」という声が出た。また、「いつかはセダンが欲しい。お金がなく、ハッチバックで満足しているが、室内が広いセダンに家族皆で乗るのが夢だ」という声が多かった。

こうして、「エティオス」の方向性が定まった。

開発の優先順位は、①価格、②燃費、③広い車内、④デザイン、となった。

まず、価格を抑えるために、設計と原価を根本的に見直した。開発、デザイン、製造、購買が一丸となって、本当に必要なモノだけに絞り込んだ。

具体的には、ドア、フードなどのプレス工程を減らした。通常トヨタは4工程以上あるが、「エティオス」は3工程。また、ボディ下面の長い排気管は、通常は二分割か三分割だが、「エティオス」は一体式にした。

燃費は、インドの認証機関で、リッター17.64kmを達成。これは、1.4~1.6Lでトップクラスだ。

車内デザインでは、後席は大人3人がいつも座れるようにフロアはフラットに。視認性と安全性、さらにユニークさと先進性を狙い、インドでは珍しいセンターメーターを採用。

水のペ