autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ FJクルーザー 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/9/30 13:58

トヨタ FJクルーザー 試乗レポート(2/3)

関連: トヨタ Text: 岡本 幸一郎 Photo: トヨタ自動車株式会社
トヨタ FJクルーザー 試乗レポート

インテリアは簡素ながらアウトドアユースに対応できる作り

2006年、FJクルーザーがついに北米を皮切りに市場投入を開始。

生産されるのは、トヨタから委託を受けた日野自動車の羽村工場だ。現在、アメリカ、カナダ、メキシコ、南米、アフリカ、中国、中近東など、欧州以外の右側通行、すなわち左ハンドル車の国で販売されている。

車体を構成するコンポーネンツとしては、先代プラド/サーフとの共通部分が多い。ボディサイズは4,670mm×1,905mm×1,830mmで、3列目シートはなく、全長はプラドよりもだいぶ短い。

FJクルーザー

両側ともピラーレスの観音開きドアを持ち、フロントよりも先にリアドアを開閉することはできない構造となっているのが特徴。横開き式バックドアにスペアタイヤを配しており、ガラスハッチは単独で開閉できる。

室内はいたってシンプル。コスト低減を図るとともに、若者が自分好みにアレンジしやすいよう、簡素なつくりとなっている。

FJクルーザー

垂直に近い角度で立つ、天地方向の短いウィンドウに囲まれる感覚は、ハマーにも似ている。リアドア後方の太いピラーによる死角や後方視界にはやや難があるが、慣れればなんとかなるだろう。

また、アウトドアユースに対応すべくフロア面は防水仕様となっているし、シートも防水仕様。インパネには方位計やアングルメーターなど、いかにもオフローダーっぽいアイテムも備わっている。

このFJクルーザーを、発売直後からすでにアメ車メインの並行輸入業者のお店に並べられているのはよく見かけていたし、街を走っている姿を見かけるたびに興味深く目で追っていたものだ。

実際、筆者もお店に見に行ったことが何度かあり、それほど価格は高くないんだなぁなんて思ったりしながら、なかなか実際に運転する機会には恵まれなかった。

そして今回ようやくドライブするチャンスを得た次第である。

FJクルーザーFJクルーザーFJクルーザーFJクルーザーFJクルーザー
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26