autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2014/11/19 00:17

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/2)

関連: トヨタ MIRAI Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正
トヨタ 燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」 試乗レポート/渡辺陽一郎

セダンとしての快適性を十分に備えた居住空間

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)

内装も斬新だ。

デジタルメーターはインパネの高く奥まった位置に装着され、前方からの視線移動が少なく済む。

この下にはディーラーオプションのカーナビ画面が備わる。さらにその下にはL字型に操作するATレバーがあり、プリウスなどに似た印象だ。エアコンはブラックのタッチパネル式で光沢があり、今日のトレンドを取り込んだ。質感も満足できる。

居住性はどうだろう。

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)

前席は体を左右から包むようなバケット風のデザインで、サイズに余裕がある。座面は少し硬めで体がシートに沈む感覚は弱いが、サポート性は優れている。

後席は天井が高い割に膝が少し持ち上がる。燃料電池スタックが前席の下にあり、床下の構造がエンジンを積んだクルマとは違うからだ。

座面の下に高圧水素タンクを搭載することもあり、体の沈み方は前席と同様に少なめだ。それでもさほど不満はなく、居住空間は広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先には握りコブシが2つ収まる。頭上にも握りコブシ1つ弱の余裕があり、セダンとしての快適性が備わる。

後席の特徴は、左右席の中央にセンターコンソールを設けたこと。2人掛けで乗車定員は4名に減るが、体が後席にスッポリと収まる感覚で、豪華なイメージを持たせた。

トランクスペースは、ボディの後部に駆動用電池などが収まるために奥行は少ないが、上下方向の寸法は十分にある。

プラットフォームはプリウスやSAIと共通の部分もあるが、高圧水素タンクなどを設置した燃料電池車だから大半が新開発となった。

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)

運転感覚は“EVそのもの”、高回転の伸びはいまいちだが駆動力は力強い

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)/走行イメージ7
トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)/走行イメージ8トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)

運転感覚では、取りまわし性は正直、あまり良くない。全幅が1,800mmを上まわり、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げたから、斜め後方と真後ろが見にくいためだ。最小回転半径は5.7mで、複雑なユニットを搭載しながら小回り性能は悪くない。

動力性能は、ノーマルタイプのガソリンエンジンに当てはめれば2.5~3リッタークラス。モーター駆動とあって高回転域の伸びはいまひとつだが、アクセルペダルを軽く踏んでいる時の反応は力強い。駆動力が沸き出すような感覚も味わえる。

モーターの最高出力は113kW(154馬力)、最大トルクは335N・m(34.2kg-m)だから、車両重量が1,850kgと重いものの登坂路でも力不足を感じない。基本的な運転感覚はEVと同じだ。

速度は直線的に上昇して加速感は滑らか。ノイズも小さく、上質なパワーユニットと感じる。

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)を試乗中の自動車評論家 渡辺陽一郎氏2

カーブを曲がる時の安定性も高い。操舵感は素直でボディの向きが適度に変わりやすく、前後輪の接地性も不足していない。スポーティ指向の車種ではないが、懐が深いというか、さまざまなシーンで挙動の乱れを抑える。

全高は1,500mmを超えるが腰高感はなく、「高剛性で低重心」というセダンのメリットを実感できる。

走行安定性が高まった理由は、燃料電池スタック、高圧水素タンクといった重量物をボディの下側に搭載し、剛性も十分に確保したからだ。高圧水素タンクは後輪を挟んで前後に2つ搭載され、リア側はサスペンションの中央付近に位置する。そのために旋回時に慣性の影響を受けにくい。前後輪の重量配分は58:42でバランスが良い。

空力特性に優れたボディも、走行安定性の向上に貢献した。乗り心地はコツコツとした硬さを少し感じるが、粗くはない。高剛性ボディのメリットもあって重厚に仕上げた。

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)

タイヤサイズは17インチ(215/55R17)で、銘柄はブリヂストン・エコピア。指定空気圧は前後輪ともに230kPaで、低い数値ではないものの、常識の範囲に収まる。

以上のようにMIRAIは、ワイドなボディと後方視界に少し不満を感じるものの、内装は上質で走行性能と乗り心地は良好だ。シートはもう少し柔軟に仕上げると良いが、大人4名が乗車して、長距離ドライブを楽しめる居住性は備わる。

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)/走行イメージ5

今後、エコカーで主力になるのは、エネルギー消費量が小さくて街中で使いやすい軽量なコンパクトカーだろう。その一方で、Lサイズモデルも存続するならMIRAIのような燃料電池車になりそうだ。

昨今の切実な自然環境のニーズに応えるエコカーにとって、「運転する楽しさ」の優先順位は決して高くないが、悲観的になる必要もないだろう。MIRAIは最先端の燃料電池技術を搭載しながら、クルマが趣味の対象だった「アナログ時代のクルマ観」も満足させている。

トヨタ MIRAI(ミライ)主要諸元

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)/走行イメージ2

全長×全幅×全高(mm):4,890×1,815×1,535/ホイールベース(mm):2,780/トレッド フロント/リア(mm):1,535/1,545/最低地上高(mm):130/室内長×室内幅×室内高(mm):2,040×1,465×1,185/車両重量(kg):1,850/乗車定員:4名/価格:723万6千円(消費税込)

トヨタフューエルセルシステム(TFCS)主要諸元

トヨタ 燃料電池自動車(FCV)MIRAI(ミライ)/水素タンク

【FCスタック】種類:固体高分子形/出力密度:3.1kW/L/最高出力:114kW(155PS)/加湿方法:内部循環方式(加湿器レス)

【高圧水素タンク】本数:2本/圧力:70MPa(約700気圧)/貯蔵性能:5.7wt%/容量:122.4L(前方60.0L/後方62.4L)

【モーター】種類:交流同期型/最高出力:113kW(154PS)/最大トルク:335N・m(34.2kgf・m)

【駆動用バッテリー】ニッケル水素

トヨタ MIRAI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ MIRAI の関連記事

トヨタ MIRAIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ MIRAI の関連記事をもっと見る

トヨタ MIRAI の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25