autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ マークX 試乗レポート

試乗レポート 2004/11/25 17:16

トヨタ マークX 試乗レポート

関連: トヨタ マークX Text: 河村 康彦 Photo: 原田淳
トヨタ マークX 試乗レポート

新たなネーミングで生まれ変わったトヨタマークX

国内登録累計台数480万台以上!

そんなビッグ・ブランドである『マークII』という名前を変える事に、販売店サイドはこぞって反対したはず――そんなぼくの想像は、しかし見事に外れていた。名前を変えて欲しいという要望は、実はあろう事かそんな販売を司る各拠点から挙がる例が多かったのだと言う。それは、クラウンには今でも「いつかは…」という羨望の印象が漂うものの、マークIIという名前にはむしろ「前時代のクルマ」という陳腐なイメージが付きまとう事を危惧した声であると言う。『マークX』なる新たなネーミングには、そんな時代の雰囲気を打破したいというトヨタの思いが込められているわけだ。

ならば“マーク”という枕言葉も外せば良かったのに…というイジワルな意見はここではナシと言うことで。付け加えれば、従来型マークIIの2リッター・モデルに対し「2・5リッターでありながらそれを下回る価格を実現させる」というのも、実はこのクルマでの大きな課題であったと言う。

低重心を強調しつつFRの走りの良さをアピール

マークXの全長×全幅サイズは、従来型のマークIIのそれとほぼ同等。それでいながら、時代の流れに逆行してまで(!?)敢えて全高を25mmのマイナスとしたのは、「低重心ぶりを強調し、FRレイアウトを採る事による走りの良さをアピールしたかったから」とトヨタでは言う。実はその基本骨格は、ひと足先にデビュー済みの現行クラウンから譲り受けたもの。それでいながらリアのオーバーハングを大幅に短縮し、タイヤを四隅に配する事で相対的にさらなるロング・ホイールベース感を強調。ドライバーの顔面をそうしたホイールベース間のほぼ中央にレイアウトする事などでよりダイナミックな雰囲気を持たせようとしたのが、このクルマのエクステリアの特徴だ。

なるほど、走りのダイナミズム感は良く表現されていると思う。3連式フロントライトやバンパー組み込みのテールパイプ・エンドの処理もなかなか大胆で意欲的なトライだ。

一方で、高いコンソールや照明の工夫などで日本的な“間”の雰囲気も演じようとしたというインテリアは、一部に安っぽさが感じられるのが残念。例えば各種 “ふた物”の開閉感やトランクオープナーなどの操作感はクラウンとは大違い。この期に及んでケーブル式を用いる後者などは何とも貧乏くさく感じられてしまう。こうした点に「クラウンよりも100万円は安く作らなければ」という社内事情を意識させられてしまうのは残念…。

クラウンとコンポーネンツを共有するも、より軽量であるため加速能力が抜群

エンジンやシャシーなどのメカニカル・コンポーネンツも、その多くをクラウンと共有するマークX。それでいながらより軽量に仕上げられているおかげで、その加速能力が抜群と表現しても良い鋭さを示すのがまずはこのクルマの走りのアピールポイントだ。

事実、3リッター・モデルはもとより2・5リッター・モデルでも、その加速は俊敏そのものの印象。トランスミッションに新開発の6速ATを採用するのも、もちろんそんな走りの特徴を生み出す一助になっているのは間違いない。

一方で、特に低ミュー路面ではトラクション能力に物足りなさを感じさせられる事があるのも報告の必要があるだろう。クラウン比でリア・オーバハングを短縮した事が、結果として後輪接地荷重の減少につながってしまっている印象を受けるシーンがあるのだ。

どんなに激しい加減速を行っても、それがステアリング・フィールに一切影響を及ぼさないのはFRレイアウトならではの大きなアドバンテージ。『Sパッケージ』車は18インチのシューズを履きつつリーズナブルな乗り心地を確保する一方、16インチ車がそれに対してしなやかさを大きく加えてくれない点にはちょっとばかりの不満が残る。

走り始めたばかりのマークXは確かになかなかの意欲作

36年間に渡る『マークII』の偉大なる功績を受け、今走り始めたマークXは確かになかなかの意欲作だ。特に、FRレイアウトの骨格を受けて完成されたエクステリアのデザインは、室内空間ばかりを重視したミニバンや経済性の追求一辺倒というコンパクトカーばかりを見なれた人々の目には、ちょっと衝撃的にも映るダイナミックな優美さを感じさせてくれる事だろう。

一方で、クラウンと共有の基本骨格をベースにリア・セクションのみにオーバーハングの短縮やトランクスルー化というやや強引な“改造”を施したこのクルマの走りには、前述したトラクション能力の物足りなさなどややバランスに欠けると思える部分が感じられないでもない。16インチと18インチ・タイヤを履いたモデルの間に思ったほどの走りのポテンシャルの差が感じられないのは、見方を変えると「後者がまだそのシューズの持つポテンシャルを完全に引き出しきっていない」とも思えてしまえる部分。こうした点を一歩ずつリファインして行く事が、FRレイアウトならではのメリットを乗る人にさらにアピールして行くキーポイントになりそうに思う。

筆者: 河村 康彦

トヨタ マークX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークX の関連記事

トヨタ マークXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ マークX の関連記事をもっと見る

トヨタ マークX の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20