autoc-one.jp 記事・レポート 特集 86カスタマイズ トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その12 with TOM’S 2ページ目

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 with TOM’S 2013/10/4 19:01

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その12 with TOM’S(2/3)

関連: トヨタ 86 Text: 今井 優杏 Photo: オートックワン編集部
トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その12 with TOM’S

リクライニングスポーツシート 75,600円(消費税抜き 72,000円)

リクライニングスポーツシート
リクライニングスポーツシートリクライニングスポーツシート

さて、今回のチューニング箇所は2つ。

ちょっとディテールを上げる変更です。

■リクライニングスポーツシート 75,600円(消費税抜き 72,000円)

レーシングカーでもお馴染の、スポーツシートメーカーであるブリッド(BRIDE)の、トムス特注仕様スポーツシートです。

おお!なんだか室内がイッキにレーシングカーのようになりましたよ。

ピンパチは“GTリミテッド”というグレードなので、アルカンターラとレザーが複雑なレイアウトでコンビになっている、ゴージャスなノーマルシートが装着されていました。

これも、サイドサポートが比較的しっかり立ったスポーツ仕様でありながらちゃんとリクライニングもするので、使い勝手に特に不満はなかったのですが、このトムスの『リクライニングスポーツシート』に変えたらあら不思議!(通販番組をイメージしながらご覧ください)

リクライニングスポーツシート早速ドライビングポディションをとる今井さん

スポーツシートだというのに身体が当たるところ、つまり背中とお尻(座面)がノーマルよりも若干ふわっとしていて、とっても癒し系の座り心地なんです。競技用のバケットシート、もしくは本気チューニング用のセミバケットシートよりも居住性重視で設計されている模様なの。

素材は背面が熱のこもらないメッシュとスエード、座面はしっかりとホールド力の高いファブリックになっていました。

座った感じ、女性の私にはノーマルよりもややゆったりとシートと身体に隙間が生まれるような感覚でした。とくに背中と腰あたりは“サポートする”というよりも“そっと寄り添う”みたいな感じ。

背の高いY編集長もこの“ゆったり感”にはいたくご満悦で、「肩がラクチンだ~、しかも座りやすい~」と癒されていたようです。

普段長距離を乗る機会が一番多いのは他ならぬ編集長なので、ガチのスポーツシートよりもゆったり座れるこのシートの方がお気に召した様子。

しかもその名のとおりノーマルシートと同じくリクライニングしますので、見た目のイカツいレーシング仕様とは裏腹に、日常使いも問題ナシだしね!

TOM’S

ただし、実はこのシート、またもピンパチ限定品なのです。つまり本来このシートはトムスでは86用に対応していないのですが、トムスのイケメン担当Kサマが、スペシャルバージョンとして付けて下さいました。

ただし、部品に汎用性がないわけではないので(実際にこうやってピンパチには付いたわけですから!)、ど~うしてもこのリクライニングスポーツシートを付けたいって人は是非トムスに相談して下さい。色々教えて下さいますよ☆

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24