autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート TMS2009×評論家の視点/日下部保雄

イベントレポート 2009/10/24 15:23

TMS2009×評論家の視点/日下部保雄

Text: 日下部 保雄 Photo: オートックワン編集部
TMS2009×評論家の視点/日下部保雄

ホンダ CR-Z コンセプト

ホンダ CR-Zコンセプト2009
ホンダ CR-Zコンセプト2009ホンダ CR-Zコンセプト2009

もうすぐ登場する、初のハイブリッドスポーツ。インサイトのシステムで、トランスミッションの自由度があるのでマニュアルトランスミッションが搭載可能。

今更マニュアルなんて、と思っていると取り残される。クルマはどんどんイージードライブが可能になって、ドライバーが面白いと思われる領域はどんどん減っている。

だからこそ、今まで余分なこと、面倒くさいことと思われていたマニュアルが今、見直されている。若い世代ほどマニュアルへの関心が高いのが頼もしい。

余分なことをして運転すると言う楽しみを、効率重視のハイブリッドで可能にしてくれたのがCR-Zだ。ほぼこのままの形で登場すると思われるので、是非しっかりとチェックして欲しい。

初代のCR-Xはとても軽くて魅力的だったし、価格も頑張れば買える値段に抑えられていた。CR-Zも是非その初代のコンセプトを継承して欲しい。

オジサン世代はそんな目で、また、これまでCR-Xを知らない世代は自分達にCR-Zがもたらしてくれるものは何かを探ってみたらどうだろう。ホンダならきっと現実的な価格にしてくれるに違いない・・・かな。

ダイハツ e:S(イース)

ダイハツ e:S

日本のクルマの1/3は軽自動車。軽は価格勝負と思われがちだが、意外と価格は高い。装備を充実させると200万近いクルマも少なくない。

でも本来的に軽は安くて、使いやすく、燃費の維持費も良いという主旨のクルマだったはず。その原点回帰を目指したのがダイハツ e:S(イース)。

徹底的にコストを詰めて(ダイハツは協力企業には今後30%のコストカットを要請するようだ)、部材も高価な素材を使わずに既存技術の延長線上におき、更に徹底した軽量化を図っている。

エンジンも既存の3気筒、KF型をベースにして大量EGR(エキゾースト・ガス・リサーキュレーション)、アイドリングストップ、CVTフリクションロスの低減などを徹底的にこだわった結果、10・15モード燃費で30km/Lをマークする性能を誇っている。

同じダイハツブースにあるタント、デカデカ、バスケットなどのような派手さは無いが、今後1年を目処に登場する可能性の高い、直近の軽自動車を描いたという点で、ちょっと玄人っぽいかもしれないがこのクルマをチェックしておくことをお勧めする。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!