autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 いよいよ日本も高速道路制限速度が120km/h引き上げられる!? 2ページ目

特別企画 2015/8/17 18:37

いよいよ日本も高速道路制限速度が120km/h引き上げられる!?(2/2)

いよいよ日本も高速道路制限速度が120km/h引き上げられる!?

編)それ、簡単にできるみたいですけど?

草)そう。建設途中で「片側2車線にしろ」と言われて、渋々建前上2車線にしてあるだけだからね。しかも御殿場―浜松いなさ間162kmのうち、約3分の1は「インター前後の付加車線」という名目で3車線化してある。

初めて走った時、「よくやった!」と思ったよ。開通当初から、将来の全線3車線化と最高速度引上げをにらんだ構造になっていたんだ。ガードレールや一部設備を移設して車線を引き直せば、簡単に全線3車線化が可能だ。

新名神も拡幅可能だけど、一部の橋梁が2車線幅で造られていたりするから、あっちは新東名ほど簡単じゃない。

編)世界的に見ても、最高速度100km/hはすごく遅いのでは?

草)最も遅い部類だね。アメリカは65マイルつまり105km/hが中心だけど一部75マイル(120km/h)区間がある。ヨーロッパはおおむね130km/h。

ドイツはアウトバーンの半分強が速度無制限。中国も120km/hだ。韓国も110km/h区間が存在する。欧米はともかく、中国や韓国に負けているのは悔しいね(笑)。

編)欧州車との技術の差が出てきたのも、日本の速度規制が低速だからでは?

新東名

草)特に自動車産業の黎明期、その差が大きく響いたと思うよ。ただ、日本は制限速度が低かったことで、低速交通に合わせた低燃費車の開発でリードできた面はあるかもしれない(笑)。

100km/hから120km/hに速度を上げると計算上空気抵抗は44%増加して、燃費は2割以上落ちる。今後のエコ社会化を考えると、制限速度は低い方が先進的、という考え方もないことはない。

ただ、引上げられるのが新東名だけなら社会全体に及ぼす影響は小さいし、速く走ってもいい道路ができることは、技術面を含めいろいろな点で間違いなくプラスだろう。

編)クルマの性能が格段にアップしているにも関わらず、制限速度は昔から変わらなすぎでしたからね!

草)それは本当にそうだ。なにしろ制限速度100km/hって、50年前に名神高速が開通した時からから変わってないんだから。当時は100km/hも出ないクルマがいっぱいあったことを考えると、半世紀前の100km/hって、今の200km/hの感覚だったんじゃないかな?

つまりクルマの性能だけ考えれば、制限速度は200km/hでもいい(笑)。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!