autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK カーデザイナー 児玉英雄 インタビュー 5ページ目

NEXTALK 2012/9/28 14:24

カーデザイナー 児玉英雄 インタビュー(5/5)

Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
カーデザイナー 児玉英雄 インタビュー

自然体

児玉英雄に座右の銘をたずねると、即座に「自然体」の言葉が返ってきた。

【児玉英雄】自然体でいたいという、それだけですね。無理をしない。

児玉英雄は、いまなおドイツに住んでいる。そして、年に4回ほど日本に帰る。

【カーデザイナー 児玉英雄 インタビュー】【カーデザイナー 児玉英雄 インタビュー】

【児玉英雄】22歳でドイツへ行きましたから、人生の2/3はドイツにいたことになるでしょうか。ですから、落ち着く場所と言えば、ドイツです。友人もいるし、自分のペースで生活できるところが楽です。

ただ、精神的なものは、日本人です。病院に入るなら、日本ですよね。ドイツの病院は食事が酷いし(笑)。外国に住んでいると、こういう場合、日本ではどうだろうと比較して考えることはあります。日本には優れたことがまだ一杯あるし、一方、もっとこうすればいいと思うこともあります。

物事が素早く遷り変っていく日本のハイパーな環境は面白い。ですから、いまのように行ったり来たりがちょうどいいバランスですね。

オペルの定年は、65歳なのですが、61歳で退社しました。いまでもデザインは好きですが、年寄りが出しゃばることはないかと思って。しかし機会があれば、腕を振るいたいですね。

また、雑誌に記事を書くなどジャーナリスティックなこともしていて、外国で経験したことなどを含め、クルマの魅力を伝えていけたらいいと思っています。 そして普段は、古いクルマにどっぷりつかっていますよ(笑)

自然体の言葉通りの人生である。その自然体の言葉の内には、自分に正直であることが貫かれていると思う。子どものころに目指したカーデザイナーとなり、さらに今日の悠悠自適な日々もある。

自分に正直に、自然体で生きる快さを全身にまとった素敵な紳士、それが児玉英雄という稀代のカーデザイナーの姿である。END

筆者: 御堀 直嗣
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!