autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ヨコハマタイヤ アドバンネオバAD08 試乗インプレッション 2ページ目

試乗レポート 2009/2/17 13:33

ヨコハマタイヤ アドバンネオバAD08 試乗インプレッション(2/4)

Text: 日下部 保雄 Photo: 荒川正幸(走行シーン)/ 吉澤憲治(置撮)
ヨコハマタイヤ アドバンネオバAD08 試乗インプレッション

キーは、“シーケンシャル・ラウンド・グルーブ”

アドバンネオバAD082

基本的にはパターンデザインはAD07と共通しており、太いセンターグルーブとその両サイドに入る波型形状のストレートグルーブ、そこから方向性を持った溝で構成される。

AD07ではさらに細い溝がショルダー部に入るのだが、アドバン ネオバ AD08ではブロック剛性を上げる目的も合って省かれている。その代わり方向性パターンを構成する溝はシーケンシャルラウンドグルーブとネーミングされて、路面からの入力を分散させる方向でデザインされている。これはタイヤの磨耗向上に効果が高い。またコーナリングで踏ん張る力はショルダーブロックを大きくし、ブロック自体も独立させないでつなぐことで全体として大きな塊としている。

またタイヤを輪切りにした状態を想像してもらえばわかるが、タイヤの骨格を作る構造材の中で、根元の部分にはスチールのインナーウォールを使ってしっかりした手ごたえを手に入れている。

アドバンネオバAD084試乗会1試乗会2試乗会3試乗会5
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!