autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マクラーレン MP4-12C 試乗レポート/九島辰也

試乗レポート 2012/7/29 12:00

マクラーレン MP4-12C 試乗レポート/九島辰也(1/2)

マクラーレン MP4-12C 試乗レポート/九島辰也

最後の大物がオリジナルマシンを携え動き出す

マクラーレン MP4-12C

最近は、F12ベルリネッタにアヴァンタドール云々となにかと話題の多いスーパーカー市場だが、自動車業界最後の大物ともいうべきマクラーレンもついに動き出した。

あのロン•デニス率いる名門F1チームが久々のロードカーを送り出し、高い評価を得ている。

マクラーレンといえば、我々日本人にはホンダエンジンを搭載したフォーミュラマシンが印象深いが、ロードゴーイングマシンにもBMWとコラボしたマクラーレンF1やメルセデスとコラボしたマクラーレンSLRなどがある。どちらも“超”が付くスーパーカーなのはいわずもがな。

ゴードン•マレーがデザインしたマクラーレンF1のスタイリングは当然のことながら、エンジンルームに貼られた金箔をいまでも鮮明に記憶している。そのキラキラした光景にカメラマンと口を揃えて「マブしい!」と叫んだ。もちろん、『アラブ仕様』ということではなく断熱効果を図った装備である。

そのマクラーレンが今度はオリジナルのロードゴーイングマシンを誕生させた。ご存知マクラーレンMP4-12Cである。日本では昨年10月にプレス発表が行われ、東京、大阪に2件のディーラーがオープンしている。すでに国内登録も順次行われているようだ。

マクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12C

12Cの“C”の意味は?

マクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12C インストラクターから説明を受ける自動車評論家の九島辰也 氏

そんな折の7月初旬、彼らが本社を構える英国ウォーキング近郊でテストドライブする機会を得た。しかもコースは英国BBCの人気番組「Top Gear」で有名な飛行場の一角を使ったショートサーキットである。

インストラクターはこのクルマでGT3に出場するレーシングドライバー。自らステアリングを握ってのデモ走行も用意されていた。

では、簡単にこのクルマのプロファイルをおさらいしておこう。

まず、フレームは一体型カーボンファイバーで成形されたキャビン部分と前後のアルミフレームからなる。目的は剛性の高さと軽量化の両立だ。長年フォーミュラマシンでカーボンシャシー構造を手がけてきた彼らにはなんら抵抗のないつくりである。

そしてエンジンは3.8リッターV8+ツインターボで、最高出力は600psを発揮する。ちなみに“12C”というネーミングは12気筒並みのパワーということだ。“C”はシリンダーという意味にもとれるが、カーボンを表しているそう。ギアボックスは7速デュアルクラッチ、サスペンションは前後ダブルウィッシュボーン式を採用する。

マクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12Cマクラーレン MP4-12C
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!