autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 プジョー 308 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2008/5/8 18:23

プジョー 308 新型車解説(2/3)

関連: プジョー 308 Text: Photo: 原田淳
プジョー 308 新型車解説

308デザインは307がベース

フロントビュー

エクステリアデザインにおいて308は一見、ボディサイズ以外では307との大きな変更点は感じられない。それもそのはず、“307デザイン”をベースに造り出された新型車であるからだ。

308のフロントフェイスは、307には無かった、エンジンフードから流れ落ちるボリュームある凹凸の面構成が特徴的で、そこからなんともワイルドな表情を覗かせる。まるで獰猛な猫のようだ。続いて、ロアグリルの樹脂成型のトップバンパーも、一本のワンパーツへと変更、そしてフォグランプも307の小さな丸型ランプから縦長のランプへと変更を遂げている。

フロントスタイリングリアスタイリングサイドミラーリアビューサイドビュー

開放的で明るいインテリア空間

パノラミックガラスルーフ

他にはサイドミラーや、リアランプの変更も行われた。足回りには、16インチ アロイホイール(Premium)と、17インチ アロイホイール(Cielo)、18インチ アロイホイール(GTi)も各グレードに装着され、GTiにはリアスポイラーも装備される。

なんといってもメインとなるのは大きなパノラミックガラスルーフ(Cieloのみ)が新たに取り付けられたことだ。この装備により、とても明るい開放的な雰囲気が楽しめるであろう。

インテリアは、広い居住空間がウリというだけあり、やはり全体的に開放的で明るい印象を受ける。前方視界も大きく開けており、視認性は極めて良好である。乗る人全てに気持ち良いドライビングを提供できると言える。

ファブリックシートは大柄な筆者(175cm)が座ってもゆったりとしている。クッション性も心地よく適度なホールド感も備わり、とても上質な印象を受ける。装飾に関するデザインは、大きく変更した所はないが、インパネとメーター辺りが307テイストを残しつつもオリジナルデザインで新しさを出しており、トータルでカチリとしたハードな印象を見せる。

フロントシートリアシートラゲッジラゲッジアレンジ1リアドアブラインド

プジョー 308 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 308 の関連記事

プジョー 308の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 308 の関連記事をもっと見る

プジョー 308 の関連ニュース

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円

  • プジョー
    308

    新車価格

    279万円436万円