autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産シルフィ試乗レポート/松下宏 2ページ目

試乗レポート 2013/1/22 13:51

日産シルフィ試乗レポート/松下宏(2/2)

関連: 日産 シルフィ Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
日産シルフィ試乗レポート/松下宏

静粛性や乗り心地の良さは高いレベル。しかし燃費面から考えると・・・

日産

シルフィの搭載エンジンは直列4気筒1.8Lの自然吸気DOHC。MR18DE型を改良したMRA8DE型を搭載する。

単なる改良ではなくボア×ストロークも変更して新エンジンに近い改良であるため型式名も変わったようだ。

ただ、動力性能はほぼ従来のMR18DE型並み。96kW/174N・mのパワー&トルクは1.8Lエンジンとしてまずまず平均的な実力である。シルフィの車両重量は1200kg台なので、十分にボディに見合った実力である。

シルフィがけっこう良くできたセダンであることは、ほんの少しの距離を走っただけですぐに分かった。

日産日産

静粛性や乗り心地の良さが高いレベルにあるからだ。 従来からのミドルセダンのイメージではなく、もう少し上のクラスのクルマを思わせるような静かさや乗り心地なので、走り出した当初はシルフィに乗っているのと違うようなイメージだった。

上質な走りという点で、シルフィは相当に高いレベルにあると思う。

高速レーンチェンジでの収まりの良さというか、落ち着いた感じの挙動なども好感の持てるもので、これも含めて走りの質感を感じた。

 やや物足りなさが残ったのはCVTの変速フィール。副変速機付きCVTは決して悪いものではないが、コンパクトカーのCVTというイメージがあり、アクセルワークに対するダイレクト感に欠けるきらいがある。

とはいえ燃費などの面から考えると、今やコンパクトカーからミドルセダンまではCVTが常識になっている。

ただ、シルフィの燃費は15.6km/Lでエコカー減税の対象になっていない。今どきのクルマでエコカー減税が適用されないのではダメ。アイドリングストップ機構を装着するなど、もうひと頑張りしてもらわなければならない。

日産日産日産日産日産

高めの印象もあるが、満足感をかじられるクルマ

日産日産

このほか、セダンとしての基本性能の部分は全体に良くできていた。室内は、後席にもゆったりした広さが確保されていて居住性の高さは上々のレベルだし、シートリフターやチルト&テレスコピックステアリングによって最適の運転姿勢をとりやすい。運転席からの視界の広さも向上している。

またトランクもたっぷりの広さがあるほか、最小回転半径が5.2mで取り回しの良さにも不満はない。 試乗車は最上級グレードのGだったので快適装備の充実度も高かった。

左右温度調節式のフルオートエアコンや本革巻きステアリングホイール、キセノンヘッドランプ&オートライトなどが標準。安全装備もSRSサイド&カーテンエアバッグが標準だった。 1.8L車で230万円台という価格はさすがに高めの印象があるが、それなりの満足度を感じながら乗れるクルマである。

日産 シルフィ:主要諸元

全長x全幅x全高:4615x1760x1495mm/ホイールベース:2700mm/車両重量:1230kg(S・X)1240kg(G)/乗車定員:5名/ハンドル位置:右/エンジン形式:水冷直列4気筒DOHC/総排気量:1798cc/最高出力:131ps(96kW)/6000rpm/最大トルク:17.7kg-m(174Nm)/3600rpm/トランスミッション:エクストロニックCVT(無段変速機)/燃料消費率:15.6km/L(JC08モード)/タイヤサイズ:195/65R15 91S(S・X)195/60R16 89H(G)/車両本体価格:1,937,250円[消費税込み](S) 2,094,750円[消費税込み](X) 2,389,800円[消費税込み](G)

筆者: 松下 宏

日産 シルフィ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 シルフィ の関連記事

日産 シルフィの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 シルフィ の関連記事をもっと見る

日産 シルフィ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29