autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 日産先進技術説明会&体験会レポート/飯田裕子

イベントレポート 2013/1/8 21:11

日産先進技術説明会&体験会レポート/飯田裕子(1/3)

関連: 日産 リーフ , 日産 NV200バネット , 日産 ノート Text: 飯田 裕子 Photo: オートックワン編集部
日産先進技術説明会&体験会レポート/飯田裕子

日産の先進技術を追浜工場にて体験!!

日産先進技術説明会&体験会レポート

日頃、私たちが目にしたり知ることができる自動車メーカーの新技術って、当然ながら新車やマイナーチェンジを行ったモデルに搭載されるカタチになったものばかり。しかしメーカーは私たちの目に見えないところで、新たな技術の開発に取り組んでいる。

日産自動車が毎年メディア/ジャーナリスト向けに行っているこの『先進技術説明会&体験会』は10回目を迎えた。今回もドライビングや環境、安全、そして快適さや質感向上を図る様々な先進技術の紹介があった。

次世代ステアリング技術

日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート

運転好きの私が興味深かったのがドライビングを向上させる、『次世代ステアリング技術』だった。

関連ニュース

日産、世界初の次世代ステアリング技術を開発し1年以内に商品化

これまでタイヤの操舵はドライバーのハンドル操作を機械的に伝え行われていたが、それを電子制御で(電気信号に置き換えて)タイヤに伝え操舵することで新たな操舵技術が生まれた。ステアリングはモーターで制御され、搭載される3つのECUのうちの1つがステアリングからの情報を受け、左右後輪にそれぞれ情報を伝達するECU(各輪に対し1つ)の合計3つで統合制御を行う。

試乗では柔らかくハンドルを握る程度で走行すると効果がわかりやすい。例えば荒れた路面を走行中、足元(タイヤ)から手元(ハンドル)に伝わるグラグラ感のような不要なインフォメーションを遮断することでドライバーがハンドルをギュッと握りしめ細かな対応操作をすることなく楽に運転ができたのだ。

日産先進技術説明会&体験会レポート日産先進技術説明会&体験会レポート

油圧式のパワステでは右に傾いた路面では普通ならハンドル補正を行わなければ必然的にクルマは右に流れる。轍でも左右にハンドルを取られる。

次世代ステアリング技術を搭載するモデルでは路面の傾斜に対して直進を保ち、轍でハンドルを大きく取られることなく、さらに段差に対する衝撃の入力も少なくタイヤの角度を真っ直ぐに安定させてくれた。タイヤとハンドルがクラッチで切り離されているので余分な振動がステアリングに伝わってこないしくみだ。不要な情報の遮断は同時にハンドル操作をシンプルにし楽にするという発想が理解できた。

また轍のみならず、例えば高速道路をロングドライブ中、細かな振動にドライバーは無意識のうちに細かなステアリング操舵で対応しているが、それらが減ることでドライバーの運転疲労も軽減するはずだ。

直進走行については新たにルームミラー上部にカメラ&演算システムを搭載する車線逸脱防止技術を開発。前述のステアリング技術にこのシステムを加えることで、常にカメラが走行ラインをモニタリングし、車線に対しクルマの方向がずれたりハンドルが取られたりしたときにはステアリングにわずかな抵抗感を発生させてドライバーに伝え、自然な修正を促し直進性を高めるアシストをしてくれる。

日産先進技術説明会&体験会レポート

ドライバーのハンドル操作にタイヤがデジタル対応するこの技術が応用され、ドライバーは安定&安心した走りが得られる。そこでワインディング路を走行中のドライブレスポンスもクイックさが向上するそうだ。

「スポーツモード」/「スタンダードモード」を切り替えることで走行シーンに応じてどちらでも安心&安定感のある運転が可能になる。80km/hでレーンチェンジを行っても応答の遅れが極めて少なく、スムーズ。スポーツモードでパイロン・スラロームを試したが、そのクイックさからこれならジムカーナが速く走れそうな気がした。この技術は一年以内にインフィニティブランドから採用を開始する予定だそうだ。

日産 リーフ 関連ページ

日産 NV200バネット 関連ページ

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26