autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、世界初の次世代ステアリング技術を開発し1年以内に商品化

自動車ニュース 2012/10/17 11:00

日産、世界初の次世代ステアリング技術を開発し1年以内に商品化

日産次世代ステアリング技術 テストカー次世代ステアリング技術次世代ステアリング技術

日産は、世界初、タイヤの角度とステアリングの操舵力を独立に制御できるステアリング技術の実用化に成功、その技術を公開した。

次世ステアリング技術は「意のままの走り」「安心感のある走り」を実現した技術。

通常のステアリングシステムは、ハンドルの操作を機械的なリンクによってタイヤに伝達し、タイヤを操舵するが、この次世代ステアリング技術は、ハンドルの動きからドライバーの意図を読み取り、電気信号に置き換えてタイヤを操舵する。その際、機械的なシステムよりも早くドライバーの意図を車輪に伝えるとともに、路面からの情報をより早く、ドライバーにフィードバックし、ダイレクト感を向上させている。また、道路上の不要な外乱要因は車輌側で制御して遮断することで必要な情報だけをドライバーに伝えることが可能となった。

さらに、次世代ステアリング技術の機能の1つとして、少ない舵角で正確に斜線をトレースして走り続けられるよう、より車輌の安全性を高めた、世界初の直進安全性機能も開発した。

この機能は、ルームミラー上部にある車載カメラにによって道路前方の斜線の方向を認識し、自車の進行方向とのずれを認識した場合に、そのずれを低減するようにタイヤ角とハンドル反力を制御する。これにより、路面のわだちや横風等により車輌の進行方向が変化した場合に、その変化を少なくするように作用することで、長距離ドライブでの疲労へとつながる細かなステアリングによる修正操舵を減少させ、ドライバーの運転負荷を大幅に低減するとともに安心感を持って走行することが可能となった。

この次世代ステアリング技術は複数のECUが相互監視する。故障や以上が発生すると他のECUが即座に制御を行い、さらに、電気が供給されなくらったような万一の場合にはバックアップのためのクラッチが作動し、ハンドルとタイヤを「機械的」に結ぶことで、ステアリング操作を可能にしている。

この技術は1年以内に販売予定のインフィニティモデルに搭載される予定。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13