autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、インドの生産体制を年間16万台から31万台へ拡大

自動車ニュース 2011/7/27 17:42

トヨタ、インドの生産体制を年間16万台から31万台へ拡大

関連: トヨタ

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)のインドにおける車両の製造・販売子会社であるトヨタ・キルロスカ・モーター(Toyota Kirloskar Motor Pvt. Ltd. 以下、TKM)は、生産能力を現在の16万台/年から、2013年には31万台/年にまで拡大することを決定した。

この生産能力増強に要する追加投資額は172億円で、新規雇用も予定されている。

TKMは、インドの自動車市場の拡大に伴い、段階的な生産能力増強を計画している。既に2012年前半までに生産能力を21万台/年へ増強すると発表しているが、今回の生産能力拡大と併せて、イノーバ、フォーチュナー及びインドのお客様のために新開発したエティオス、エティオス リーバなどのモデルをタイムリーにユーザーへ届けていく。

また、拡大する生産現場を支える人材育成の一環として、2007年に設立した「Toyota Technical Training Institute (トヨタ工業技術学校)」の2期目の生徒約60名が今月末卒業し、TKMに入社する予定。

トヨタは、持続的な成長戦略を進める中、インドなどの新興国において、「クルマづくりを通じて地域社会に貢献する」という創業以来の理念のもと、現地生産を拡充し、新規雇用を創出することで、自動車産業の発展に向け努力していくという。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/18~2017/12/18