autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、安全運転支援とエコ運転支援を両立したカーナビゲーションシステムを開発

自動車ニュース 2009/7/22 14:12

日産、安全運転支援とエコ運転支援を両立したカーナビゲーションシステムを開発

関連: 日産

日産は、2006年よりITSを活用して交通事故の低減や交通渋滞緩和を目指して進めてきた実証実験「SKYプロジェクト」の成果を活用した安全運転支援の機能を、世界で初めて市販車のカーナビゲーションに搭載すると発表した。

※ITS(Intelligent Transportation Systems:人、道路、車両を情報でつなぐ高度道路交通システム)

この機能は、道路に設置されたシステムとの連携により交差点における事故の減少、ドライバーの判断負荷軽減、安全運転への意識向上など安全運転支援に有効な情報を提供するものである。さらにこのカーナビには、一部車種で既に採用されているエコ運転支援機能も搭載し、ドライバーの安全運転とエコ運転の両面を統合支援する。このシステムは、今秋発売予定の新型「フーガ」に採用される。

【安全運転支援機能】

警察庁とその所管法人である社団法人新交通管理システム(UTMS)協会が中心となって進めている「安全運転支援システム(DSSS)」に日産「SKYプロジェクト」の成果が活用され、今年度実用化される。このシステムは、光ビーコンからクルマに送信される周辺車両の状況や自車を取り巻く交通環境の情報を用いて、クルマ単独では対応が難しい「見えにくい相手(交差点事故など)」に対する注意ガイドを行なう機能である。交通環境の情報インフラは、政府が今年度整備する。

■出会い頭衝突防止支援システム/一時停止規制見落とし防止支援システム/信号見落とし防止支援システム/赤信号停止車への追突防止支援システム

出会い頭事故が多発する見通しの悪い交差点において、路上のインフラ設備との通信により、音声ガイドと画面表示でドライバーに注意を喚起すものである。なお情報提供の必要性は、走行状況に応じクルマ側で判断する。このシステムの市販車カーナビへの採用は、世界初となる。

■小学校付近での安全運転ガイド

カーナビが保有する小学校周辺のスクールゾーン情報により、リアルタイムな車両の走行情報(車速、アクセル開度、ブレーキ状態等)をもとに、安全運転の注意喚起が必要な場合、音声ガイドとナビ画面への表示によって、ドライバーへ知らせるするシステムである。この機能は本年7月発売の「スカイライン クロスオーバー」より既に採用されている。

【エコ運転支援機能】

■ナビ協調変速制御

カーブの度合や交差点および料金所までの距離など、カーナビの地図情報を利用してエンジンとトランスミッションを協調制御することにより、エンジンブレーキを最適にコントロールし、燃料カットの頻度を高めてエコ運転を支援する。この機能は、本年4月に発売した環境対応車種「日産エコ(NECO)シリーズ」より既に採用されている。

■最速ルート探索の進化

日産のカーナビゲーション向け情報配信サービス「カーウイングス」のセンターから配信されるプローブ交通情報を活用し、これまでのVICSだけでなく、細街路を除く全ての道路の交通情報を配信する(世界初)。さらに交差点進行方向毎の通過時間(右左折別交通情報)を配信することにより、交差点における右折待ち時間等をルート探索に活用する。これらの情報により、最速ルート探索の進化を図り、移動効率が向上することで渋滞の防止やエコ運転を支援する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/19~2017/8/19