autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 次期「トヨタ エスティマ」を激写!「マツダ アクセラ」に2.5Lガソリンターボ!?【マガジンX 2月号】

自動車ニュース 2015/12/25 13:40

次期「トヨタ エスティマ」を激写!「マツダ アクセラ」に2.5Lガソリンターボ!?【マガジンX 2月号】

1)デトロイトショーまで待てないインフィニティQ60のスッピン姿を公開

艶やかな赤いボディをまとって北米某所に現れたインフィニティQ60(日本名スカイラインクーペ)を独占撮。ナマ写真で見られるのは本誌だけだ。400psを発生する3L-V6ターボ搭載を暗示するエンブレムも激写。デトロイトショーまで待てないアナタに。

2)次期センチュリーにレクサスLS600hと同じV8ハイブリッド

TNGA-FRシャシーを使って開発される次期センチュリーは17年末に発表される。

専用エンジンのV12ユニットは姿を消し、LS600hと同じ5L-V8ハイブリッドを搭載。ただし、4WDではなくFR化されて用いられる。なぜか。その背景に隠された事情に迫る。

3)アクセラにも2.5Lガソリンターボを載せてほしい!

マツダ CX-9に搭載される「SKYACTIV-G 2.5T」エンジン

CX-9発表と同時に公表されたSKYACTIV初のガソリンターボエンジン。

わざわざ開発されたエンジンがCX-9専用にとどまるはずもない。希望的観測も込めてアクセラへの搭載を望みたい。マツダスピード・アクセラの再来となるか。

4)エスティマ、ビッグマイナーチェンジで再び延命

画像はビッグマイナーチェンジ前の現行トヨタ エスティマ

ロングセラーとなり、トヨタ自身も止めるに止められないエスティマ。

アルファードとは違ったスマートな印象が一部で支持されているため、今後施行される法規に対応できるよう大規模な手直しが施される。その化粧直し版を激写。

5)メルセデス・ベンツ GLCは600万円台から

2015年輸入車販売ナンバー1が確実視されているメルセデス・ベンツは2016年もその座を維持するため、年始からニューモデル攻勢をかけていく。最初に登場するのはSUVラインナップの中でCクラスに相当するGLCだ。その価格帯とバリエーション展開をキャッチ、いち早く公開する。

Webでのご購入はこちら「月刊 ニューモデルマガジンX」公式ウェブサイト

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!