autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストン、世界初・路面状態判別技術の実用化に成功

自動車ニュース 2015/11/25 16:34

ブリヂストン、世界初・路面状態判別技術の実用化に成功

ブリヂストンのタイヤセンシング技術
ブリヂストンのタイヤセンシング技術路面状態判別技術のシステム

ブリヂストンは11月25日(水)、路面と唯一接しているタイヤから接地面の情報を収集、解析し、路面情報やタイヤの状態を把握することで、ユーザーに新たな価値を提供する同社センシング技術「CAIS」コンセプトに基づく路面状態判別技術の実用化に成功したと発表した。

このようなタイヤセンシング技術の実用化は世界初となる。

ブリヂストンのタイヤによる路面状態判別技術は、降雪などによる路面状態の急激な変化をリアルタイムに感知することが可能で、刻々と変わる路面状態を車載解析装置によって、7つの区分に判別。路面状態の判別結果は車内ディスプレイを介して、ドライバーへタイムリーに伝達することで安全運転を支援する。

同社は、2011年11月からネクスコ・エンジニアリング北海道と共同で本技術の試験を進めており、今回該社とライセンス契約を締結した。「CAIS」を使用することで、夜間など視界の悪い状況でも、走行しながら路面状態を的確に把握することが可能となる。また、これらの路面情報を道路管理事務所がリアルタイムに共有することにより、更に効率的、かつ効果的な雪氷対策作業が可能となる。

ブリヂストンではこれにより、将来的には危険な路面状態を事前に察知しドライバーへ注意喚起を行うことや、より高度な車両制御技術への適用により、ユーザーの安心・安全に貢献できるものと考えており、更には、将来普及が考えられる複数車両間通信による路面情報の共有化についても検討し、車社会の安全を側面から支援していく構え。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!