autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォード「エクスプローラー」を大幅改良 ~より力強いデザインに~

自動車ニュース 2015/10/8 15:38

フォード「エクスプローラー」を大幅改良 ~より力強いデザインに~

フォード エクスプローラー Titanium

フォード・ジャパン・リミテッドは、「エクスプローラー」を大幅改良し、10月31日(土)より発売開始する。

今回の大幅改良では、エクステリアデザインを「Rugged(ラギッド=力強さ)」というキーワードのもとに刷新。より存在感のあるフロントグリルやLEDヘッドランプを新たに採用したほか、新デザインのローハイト・ルーフレール、それに伴うリアスポイラーの改良などによって、空力性能も改善している。

インテリアも、細部に渡り改良を施すとともに、新開発のドアシールの採用により静粛性を向上したほか、1列目にマッサージシート、2列目にシートヒーターを装備するなど、質感と快適性を向上させている。

◎フォトギャラリー

「XLT EcoBoost」は新たに2.3リッター EcoBoostエンジンを搭載!

フォード エクスプローラー XLT EcoBoost

パワートレインは、FWDモデルの「XLT EcoBoost」のエンジンを2.3リッター EcoBoostエンジンに変更。従来の2リッターEcoBoostエンジンと比べ、最大出力と最大トルクを大幅に向上しながら、燃費を約5%改善している。

また、全てのモデルに搭載されるSelectShift 6速オートマチックトランスミッションには、新たにステアリングから手を離さずマニュアル感覚でシフト操作ができるパドルシフトを採用した。

バンパー下をキックするとテールゲートが開閉

フォード エクスプローラー パワーリフトゲート

また利便性を向上する最新のスマートな装備を新たに搭載。スマート・キーレスエントリーシステムや、ウォッシャー機能付きリアビューカメラを全モデルに採用したほか、手荷物を降ろしたり、キーをポケットから出さなくても、バンパー下をキックするだけでテールゲートを開閉することができるハンズフリー・パワーリフトゲートを採用した。

安全装備にパーソナル・セーフティ・システムなど

フォード エクスプローラー XLT EcoBoost

安全性においては、従来のRSC付きアドバンストラック、コースアウトを防ぐカーブコントロール、7つのエアバッグを各種センサーで状況に応じて適切に作動させるパーソナル・セーフティ・システムなど先進の安全装備に加え、タイヤ空気圧モニターや、BLIS with CTAを全機種標準装備とした。

さらに上級グレードには180度スプリットビュー・フロントカメラ&リアビューカメラ(ウォッシャー機能付)といった先進の装備を追加し、安全性を向上させている。

2016年ラインナップに「Titanium」が追加に!

フォード エクスプローラー Titanium

さらに2016年には、最大出力272kW(370ps)、最大トルク474Nm(48.3kg-m)を発生するV6 3.5リッター EcoBoostエンジンを搭載した「Titanium」を4WDのラインアップに加える予定。

優れたパフォーマンスに加えて、インテリアには最上級のニルヴァーナレザーと、SONY独自のLive Acousticと、Clear Phaseという自動車用オーディオとしては世界初の2つのテクノロジーを装備した新開発のサウンドシステムを採用するなど、クラフトマンシップ溢れる室内空間を実現している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード エクスプローラー の関連記事

フォード エクスプローラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード エクスプローラー の関連記事をもっと見る

フォード エクスプローラー の関連ニュース