autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース GE Honda、「ホンダジェット」搭載エンジンの欧州での型式認定取得は年内を予定

自動車ニュース 2015/5/19 11:46

GE Honda、「ホンダジェット」搭載エンジンの欧州での型式認定取得は年内を予定

関連: ホンダ
ホンダジェット
HF120

ホンダとゼネラル・エレクトリック社(GE)による折半出資子会社であるGE Hondaは、欧州での事業開始に先立ち、量産型ターボファンエンジン「HF120」の欧州における型式認定取得に向け、欧州航空安全局(European Aviation Safety Agency、以下EASA)が定める必要書類をEASAに提出した。型式認定取得は2015年第4四半期を計画しているとのこと。

また、GE Hondaの認定サービス拠点として、タグアビエーション社(英国)、ラインランドエアサービス社(ドイツ)のほか、新たに英国バーミンガムを拠点とするマーシャルアビエーションサービス社を加え、欧州地域でも業界トップレベルのサービスを提供できる体制の構築を進めている。

GE Hondaは、既に発表している「エンジンメンテナンスケア」(EMC)プログラムを、欧州を含むGE Hondaの認定サービス拠点を通して販売・提供するほか、インターネット上に“お客様サポート専用サイト「mygehonda.com」”を新たに開設し、カスタマーサービス体制の強化を図る。

HF120の生産を担当するホンダ エアロ インク(Honda Aero, Inc. )のバーリントン工場(米国ノースカロライナ州)は、今年3月に米国連邦航空局(Federal Aviation Administration、以下FAA)から製造認定を取得した。2015年における「HF120」の生産数は、100基を計画している。

HF120について

2013年12月13日に米国連邦航空局(FAA)より連邦航空規則のPart 33が定める型式認定を取得。クラストップの低