autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース GT-Rが公道で215km/hのドリフト!?ターンパイク箱根を全線封鎖してヒルクライムを実施

自動車ニュース 2014/12/26 17:30

GT-Rが公道で215km/hのドリフト!?ターンパイク箱根を全線封鎖してヒルクライムを実施

11月18日、自動車雑誌「モーターヘッド」主催のもと、ターンパイク箱根を全線封鎖して「MHヒルクライム」というイベントが開催された。「Team TOYO TIRES DRIFT」からは川畑真人選手が参加、公道では考えられない速度からの豪快なドリフトが披露された。

「ヒルクライム」とは、山や丘陵の登り坂に設定されたコースを走るタイムレースのこと。舞台となったのは、クルマ好きなら誰しもが知っているあの有名な峠道「MAZDAターンパイク箱根」(神奈川県小田原市)。ターンパイクを貸し切ってヒルクライムを行うのは、今回が初となる。

ターンパイク箱根は本来公道扱いだが、当日は国土交通省認可のもと一切の道路交通法適用外となる高速ワインディングコースとして設置。サーキットのようなエスケープゾーンがない公道においても、川畑選手は臆することなくハイスピードで駆け抜けてゆく。

今年のD1グランプリで旋風を巻き起こしたマシン「GReddy 35RX Spec-D」は、最高到達速度215km/hから豪快なドリフトを連発し、安全確保部隊として随所に待機していたスタッフも、度肝を抜かれたという。

川畑選手のドリフトマシン以外にも、様々なカテゴリーのレーシングカーがタイムアタックを実施。マーシャルカーもBMWならMモデル、AudiならRSモデルとスーパースポーツカー揃いとなった。

箱根の美しい峠道を疾走するヒルクライム。GoProを多用してさまざまな角度から撮影し、エフェクトをかけて仕上げた貴重な映像「Drift in Hakone Turnpike」はCoolそのもの。ぜひ一度、以下のyoutubeの映像を視聴頂きたい。

【ドリフト動画】GT-R Drift on Hakone Turnpike/TOYO TIRES - Japan

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!