autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 「MotoGP 第13戦 イタリアGP」、V・ロッシが今季初勝利!

自動車ニュース 2014/9/17 11:28

「MotoGP 第13戦 イタリアGP」、V・ロッシが今季初勝利!

ロレンソ2位、ペドロサは3位。ヤマハが1-2フィニッシュ

V・ロッシ/「MotoGP 第13戦 イタリアGP」
V・ロッシ/「MotoGP 第13戦 イタリアGP」

「MotoGP 第13戦 イタリアGP」は9月14日、決勝レースがイタリア・ミサノサーキットで行われ、地元ファンの大観声を全身に浴びながらイタリアのスーパースター、V・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が今季初優勝を飾った。

フロントロースタートのロッシは、レース序盤にチームメイトのJ・ロレンソとM・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)を相手に三つ巴の激しいトップ争いを繰り広げた。4周目に先頭に立ったロッシは、マルケスの追撃をかわしてトップの位置を守り、力強い走りを続けた。

一方のマルケスは10周目の4コーナーで転倒したものの、エンジンを再始動させてレースに復帰。ロッシはその後、2番手につけるロレンソと大きな差を築きあげ、最後は独走勝利。1.578秒差でロレンソがチェッカーを受け、ヤマハは1-2フィニッシュを達成した。3位はD・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)。今季9回目の表彰台で16ポイントを獲得した。

全23選手中22名がミディアムコンパウンドを装着する中、唯一ロレンソのみがハードコンパウンドを選択してレースに臨んだ。転倒からのレース復帰後、ポイントリーダーのマルケスは15位でチェッカーを受け、1ポイントを獲得しチャンピオンシップポイントは289ポイントでランキング2番手のペドロサと74点差になった。今回のレースで優勝したロッシは、25点を加算して214ポイントでペドロサの1点差に迫っている。

次戦の第14戦アラゴンGPは、スペインのモーターランド・アラゴンで開催。9月26日(金)の午前9時55分(日本時間午後4時55分)にMotoGPクラスのフリー走行1回目がスタートする。

【優勝】バレンティーノ・ロッシのコメント(モビスター・ヤマハ)

「本当にうれしい。大勢のファンや家族、友だちがかけつけてくれるミザノで勝つのは格別だよ。フリープラクティスからバイクはとてもよく走ってくれたし、チームもがんばってくれた。おかげで、今回の戦いを有利に進めることができた。今朝のウォームアップでも調子が良かったので、優勝争いができると思った。ライバルたちとのバトルになることは明らかだったので、序盤から攻めて、最後までいいペースで走りきれた。今日は地元のコースで最高のレースができたよ」

リザルト

NO./ライダー/チーム

(1)46/バレンティーノ・ロッシ/モビスター ヤマハ MotoGP

(2)99/ホルヘ・ロレンソ/モビスター ヤマハ MotoGP

(3)26/ダニ・ペドロサ/レプソル・ホンダ・チーム

(4)4/アンドレア・ドヴィツィオーゾ/ドゥカティ チーム

(5)29/アンドレア・イアンノーネ/プラマック・レーシング・チーム

(6)44/ポル・エスパルガロ/モンスター・ヤマハ・テック3

(7)38/ブラドリー・スミス/モンスター・ヤマハ・テック3

(8)19/アルバロ・バウティスタ/ゴー・ファン・ホンダ・グレシーニ

(9)35/カル・クラッチロー/ドゥカティ チーム

(10)68/ヨニー・エルナンデス/プラマック・レーシング・チーム

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!