autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、2014年のモータースポーツ活動および支援計画を発表

自動車ニュース 2014/1/30 15:38

トヨタ、2014年のモータースポーツ活動および支援計画を発表

関連: トヨタ

トヨタ自動車は、1月30日に2014年のモータースポーツ活動および支援計画を発表した。

トヨタはモータースポーツ活動をクルマの持つ「夢」や「感動」をユーザーにもたらす大切なものと位置づけ、クルマを通じてユーザーとより多くの「喜び」を分かち合うため、LEXUS Racing 、TOYOTA Racingを通じて、引き続き、各国や各地域に根ざした活動を推進する。また、GAZOO Racingを通じて、メーカーの枠を超え、様々なフィールドでクルマ好きを増やし、モータースポーツの裾野を広げることに取り組んでいく。

 LEXUS Racing 、TOYOTA Racingでは、伝統のル・マン24時間レースを含む「FIA世界耐久選手権(WEC)」、米国の「NASCAR」、国内トップカテゴリーの「SUPER GT」、「スーパーフォーミュラ」へ参戦するほか、「ダカールラリー」へ参戦するトヨタ車体を支援し、GAZOO Racingでは、「GAZOO Racing ワクドキ ドライビング!」や「GAZOO Racing 86/BRZ Race」など、クルマ本来の魅力を楽しむ場を拡大するともに、TRDラリーチャレンジなどへ協賛支援することで参加型モータースポーツの振興に貢献していく。また、ニュルブルクリンク24時間耐久レースへも引き続き挑戦する。

モータースポーツに関する企画、参戦及びマーケティングに係わる機能を、モータースポーツ部からトヨタのグローバルマーケティングを担当する「トヨタモーターセールス&マーケティング(TMSM)」に移管することとなった。なお、これまでのモータースポーツ部は「モータースポーツユニット開発部」と改称し、技術開発と参戦支援に特化するとしている。

トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子

FIA世界耐久選手権(WEC) <TOYOTA Racing>

トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子

・ 2012年より開催されているFIA 公認 の世界耐久選手権(全8戦)。

・ ルマン24時間レースはシリーズ第3戦(6月14~15日)、日本での富士6時間レースはシリーズ第6戦(10月11~12日)として開催。

・ トヨタは、TOYOTA Motorsport GmbH(TMG)を本拠とするトヨタレーシングより、今年から新型車両「TS040 HYBRID」を投入予定。全8戦に2台でのエントリーを申請中。

・ 日本の東富士研究所で開発されたTHS-R(TOYOTA Hybrid System- Racing)は、今年からの車両規定変更に伴い、新V8エンジンとモーター/ジェネレーターを前後に搭載した四輪回生/力行の新ハイブリッドシステムへと進化。この活動で得られた先進ハイブリッド技術は、量産のハイブリッド車へと活かされる。

・ タイヤはミシュラン製を使用

チーム名

車両

ドライバー

トヨタ・レーシング

(TOYOTA Racing)

TS040 HYBRID

アレックス・ブルツ

ニコラス・ラピエール

中嶋 一貴

アンソニー・デビッドソン

ステファン・サラザン

セバスチャン・ブエミ

 

NASCAR <TOYOTA Racing>

・ 米国トヨタ自動車販売およびTRD‐USAを通じ、引き続きNASCARのナショナルシリーズ全てに参戦。

・ 昨年に引き続きスプリント・カップ・シリーズおよびネイションワイド・シリーズにはトヨタ カムリを、 キャンピング・ワールド・トラック・シリーズにはトヨタ タンドラを投入。

・ タイヤは全カテゴリー グッドイヤー製

チーム名

カーNo.

ドライバー

Joe Gibbs Racing

11

デニー・ハムリン

18

カイル・ブッシュ

20

マット・ケンゼス

Michael Waltrip Racing

15

クリント・ボウヤー

55

ブライアン・ヴィッカーズ

 

ダカールラリー <TOYOTA Racing>

トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子

・ トヨタ ランドクルーザー200で参戦するトヨタ車体を支援。

・ 本年1月に行なわれた「ダカールラリー2014年大会」で市販車部門1‐2位。

車両

ドライバー/ナビゲーター

市販車部門

順位

ディーゼル

クラス順位

総合順位

1号車(ゼッケン345)

三橋 淳 / アラン・ゲネック

1位

1位

21位

2号車(ゼッケン344)

ニコラ・ジボン / 三浦 昂

2位

2位

24位

 

SUPER GT <LEXUS Racing及びTOYOTA Racing>

トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子

・ 国内レースのトップカテゴリー。

・ GT500クラスはLEXUS Racingとして参戦。

・ 今年からの車両規定変更に伴い、直列4気筒 2リッター直噴ガソリンターボエンジン(RI4AG)を搭載した新型LEXUS RC Fを投入。TRDを通じチーム支援を行う。

・ GT300クラスには、TOYOTA Racingとしてハイブリッドシステムを搭載するトヨタプリウスが参戦。

クラス

チーム名

車両名

NO.

ドライバー

GT500

LEXUS TEAM ZENT CERUMO

ZENT CERUMO

RC F

1

立川 祐路

平手 晃平

LEXUS TEAM LeMans ENEOS

ENEOS SUSTINA

RC F

6

大嶋 和也

国本 雄資

LEXUS TEAM PETRONAS TOM’S

PETRONAS TOM’S

RC F

36

中嶋 一貴

ジェームス・ロシター

LEXUS TEAM KeePer TOM’S

KeePer TOM’S

RC F

37

伊藤 大輔

アンドレア・カルダレッリ

LEXUS TEAM SARD

DENSO KOBELCO

RC F

39

石浦 宏明

オリバー・ジャービス

LEXUS TEAM WedsSport BANDOH

未定

19

未定

未定

GT300

apr

未定

31

新田 守男

嵯峨 宏紀

 

全日本選手権 スーパーフォーミュラ <TOYOTA Racing>

トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子

・ 国内フォーミュラレースのトップカテゴリー。

・ 今年からの技術規則変更に伴い、新たに直列4気筒 2リッター直噴ガソリンターボエンジン(RI4A) を開発し、7チーム11台に供給。

・ タイヤは全車ブリヂストン製を使用。

チーム名

NO.

ドライバー

KONDO RACING

3

ジェームス・ロシター

Team LeMans

7

平川 亮

8

ロイック・デュバル

KCMG

18

中山 雄一

TEAM IMPUL

19

ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ

20

クマール・ラム・ナレイン・カーティケヤン

PETRONAS TEAM TOM’S

36

アンドレ・ロッテラー

37

中嶋 一貴

P.MU/CERUMO・INGING

38

石浦 宏明

39

国本 雄資

TOCHIGI Le Beausset Motorsports

62

嵯峨 宏紀

 

ニュルブルクリンク24時間耐久レース

トヨタ モータースポーツ体制(2014)発表会の様子

◎記事はこちらから

■トヨタ、GAZOO RacingがLFAと86で2014年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに挑戦

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21