autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ボルボ、2014年モデルに最新安全技術「サイクリスト検知機能」を導入

自動車ニュース 2013/8/27 18:44

ボルボ、2014年モデルに最新安全技術「サイクリスト検知機能」を導入

関連: ボルボ
ボルボ

ボルボ・カー・ジャパンは、2014年モデル(XC90を除く)に最新の先進安全機能「歩行者及びサイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム(以下『サイクリスト検知機能』)を導入し、販売を開始すると発表した。

近年スポーツやレジャー、通勤などで、自転車を愛好するサイクリストが増えており、その一方で、マナー違反が原因の事故や、同じ車道を走る自動車との接触/衝突事故の危険性が高まっている。

自動車と自転車との事故についての調査では、「追突事故」の致死率が出合い頭の事故と比較し約10倍と圧倒的に高くなっていて、また、四輪運転者の事故の要因のうち、「ドライバーの不注意」が約80%と、その要因のほとんどを占めている。

こうした対自転車事故に対応するボルボの新安全技術が、『サイクリスト検知機能』だ。欧州の事故データによると、交通事故で亡くなったサイクリストの約半数は、自動車との衝突によるという統計も。日本においては、交通事故全体における自転車事故の比率は2割以上を占めており、そのうちの約8割が対自動車によるもの(警察庁 平成24年度統計)となっている。

新たにボルボに搭載されるサイクリスト検知機能は、こうした対自転車事故の減少に寄与することが期待されている。

「歩行者及びサイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム」とは

フロントグリル内に組み込まれたミリ波レーダーやフロントガラスに装着されたデジタルカメラと赤外線レーザー、コントロールユニットによって構成されている。

ミリ波レーダーは、前方の障害物を検知して、その位置と物体までの距離を常に測定し、カメラは物体の種類を識別するという仕組みだ。デュアルモード・レーダー(ロングレンジ、ワイドレンジ)の広いスキャンエリアにより、歩行者とサイクリストの検知を容易にすることが可能になった。高解像度カメラが緊急時に止まるべき車両、歩行者そしてサイクリストを識別し、コントロールユニットは、交通の状況を常に監視・判断している。

サイクリスト検知機能は、車両と同じ方向に走っている自転車が突然自車の進路内に入り、自転車との衝突が避けられないと判断した場合に、光と音による警告と同時に自動でフルブレーキを作動させ、追突を回避または軽減するものである。

「サイクリスト検知機能」作動要件

・検知できる自転車は大人用の自転車で、地上70cm以上の高さにリア・リフレクターが装備されていることが必要

・同じ方向に進む自転車を真後ろからのみ検知する

・サイクリスト検知機能は、時速4kmから80km/hの間で作動する

・車両速度50km/h以下で、自転車との相対速度15km/h未満の場合に追突を回避し、速度差が15km/h以上の場合は追突被害を軽減する

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ の関連記事

ボルボの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ の関連記事をもっと見る

ボルボ の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/30~2017/6/30