autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、「RX-8」の最後の特別仕様車「SPIRIT R」を追加生産決定

自動車ニュース 2012/4/26 13:58

マツダ、「RX-8」の最後の特別仕様車「SPIRIT R」を追加生産決定

好評により1,000台の増産

RX-8 SPIRIT R

マツダは、2011年11月に発売したロータリーエンジンを搭載する4ドアスポーツカー「マツダ RX-8」の最後の特別仕様車『SPIRIT R』について、販売計画台数1,000台を超える受注を得たため、さらに販売計画を上回る1,000台の追加生産を決定した。

幅広い年齢層から支持を得るこの特別仕様車の、最も人気の高いモデルは、6MT車で、エアロパーツやビルシュタイン社製ダンパーを装備し、特別仕様車専用のRECARO社製バケットシートやブロンズ塗装の19インチ鍛造アルミホイールなどを装着している。

同モデル販売構成比は「RX-8」全体の66%。また、ボディカラーについては、全3色(アルミニウムメタリック、スパークリングブラックマイカ、クリスタルホワイトパールマイカ)がほぼ同じ販売構成比となっている。

「RX-8」は、2003年4月に発売され2012年3月末までに192,094台(海外向け含む)を生産している。生産中止は2012年6月の予定だ。

『RX-8 SPIRIT R』関連コンテンツ

RX-8 SPIRIT RRECARO社製バケットシート

マツダ、ロータリーエンジン車「RX-8」を2012年初夏に生産終了へ

マツダ RX-8 スピリットR(SPIRIT R)試乗レポート/岡本幸一郎

『RX-8 SPIRIT R』

トランスミッション 6MT : 3,250,000円(消費税込み)

トランスミッション 6EC-AT : 3,120,000円(消費税込み)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!