autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 待望の1.5Lガソリンエンジンを搭載したチューニングベース車両「デミオ 15MB」[試乗・燃費レポート] 5ページ目

燃費レポート 2015/12/29 12:42

待望の1.5Lガソリンエンジンを搭載したチューニングベース車両「デミオ 15MB」[試乗・燃費レポート](5/7)

待望の1.5Lガソリンエンジンを搭載したチューニングベース車両「デミオ 15MB」[試乗・燃費レポート]

マツダ デミオ 15MB 燃費レポート/市街地編

マツダ デミオ 15MB

市街地編では、MTのフィーリングなどをお伝えしたいと思います。

MTのフィーリングに関しては、シフトフィールはデミオというより他のマツダ車と同じように適度な節度で良好な操作感で、クラッチも適度な重さで半クラッチも非常に分かりやすく、全体的に実に扱いやすいMT車と言えます。

これならば、15MBをファミリーカーとして使ってもMT免許さえあれば誰でも面倒なく運転できるでしょう。

MTといえば、デミオに限らずマツダのMT車はリバースが1速の左上にあるにも関わらず、同じシフトパターンのトヨタ86&スバルBRZなどにようにリバースに入れた際の音がないのは少し気になります。

私のデミオはバックモニター付だったので「バックモニターの点灯」をリバースに入った確認とし、誰かが乗る時にもそう言ってきましたが、モニターがない15MBにはそういったこともできないので、安全のためにもリバースに入れた際の音は欲しいところです。

マツダ デミオ 15MB

15MBは排気量アップによってエンジンもさらに粘り強く扱い性格になっており、平地であれば6速50km/h、エンジン回転数にして1,000rpmちょっとからでも流れに乗れるので、ギアチェンジをサボりながら乗ることも可能です。

アイドリングストップですが、デミオのMTのアイドリングストップは停止前にギアをニュートラルにしていると停止前にエンジンが止まっており、止まりそうだったのに前が動き出した場合などにクラッチを深く踏まないとエンジン再始動にまごつくことがあるという、個人的に気になっていた弱点は15MBでもそのままです。

エンジン再始動に関しては素早く、セルモーターの音は1.3リッターと1.5リッターでエンジンが違うせいなのか改良されているのか1.3リッターに比べると、抑えられているように感じました。

デミオ15MB ハロゲンライト点灯

実は今回、初めてLEDヘッドライトではないハロゲンヘッドライトのデミオに乗ったのですが、「暗い」と感じたのが率直なところです。

最近ではハロゲンヘッドライトの車に乗ることが減っておりますが、稀にハロゲンヘッドライトの車に乗ると進化しているのか「意外にも明るい」と感じることもあり、ハロゲンヘッドライトでも十分かとも認識しつつあったのですが、デミオのハロゲンヘッドライトは正直暗いので、15MBを買った際には安い分で明るいハロゲンヘッドライトのバルブか、HIDやLEDライトを後付けして明るい視界を確保することをお勧めします。

デミオ 15MB 市街地における実燃費は

マツダ デミオ 15MB 市街地における燃費は「16.5km/L」

市街地での燃費は、劣悪な渋滞にも関わらずここでもデミオの1.3リッターガソリンの5速MTの15.5km/Lを上回る「16.5km/L」を記録しました。

1.3リッターガソリンの5速MTはエアコンがフル稼働する夏場のテストという条件の違いも加味する必要はありますが、1.3リッターガソリンの5速MTより燃費が良かった要因は、高速道路や郊外路と同じように排気量アップによる余裕と6速MT化によりエンジン回転数を低く保って走れたことでしょう。

マツダ デミオ15MB 市街地における実燃費/16.5km/L

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12