autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム またマツダマジックだ!エンジンでシャシー性能を高める「GVC(Gベクタリングコントロール)」でクルマの常識を変える 3ページ目

自動車評論家コラム 2016/4/28 21:35

またマツダマジックだ!エンジンでシャシー性能を高める「GVC(Gベクタリングコントロール)」でクルマの常識を変える(3/3)

関連: マツダ Text: 河口 まなぶ Photo: 茂呂幸正
またマツダマジックだ!エンジンでシャシー性能を高める「GVC(Gベクタリングコントロール)」でクルマの常識を変える

横Gと前後Gを統合制御するだけでスムーズで効率的な車両挙動を実現する「GVC」

マツダ SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS 新技術:G-Vectoring Control

今回のGVCはあくまで、この技術自体のお披露目と体感であり、実際の市販車にはまだ搭載されていない。では今後、GVCの技術をどのように用いていくのだろうか?

まさか、GVC制御のオン・オフを切り替えるなんてことはしない。なにせ速度域によってはわかりづらいし、そもそもオンの方が気持ち良く自然に走るのだ。

ではどうするかといえば、今回のテストでわかったように横Gと前後Gを統合制御するだけで、スムーズで効率的な車両挙動を実現できて様々なメリットが生まれるとわかった。それはまるで、制御だけでサスペンションやタイヤが高性能になったかのような違いともいえる。

ならばGVCの技術を取り入れた上で、さらにこの技術に合わせて専用にサスペンションをチューニングしたり、タイヤのセッティングを変更してあげたらどうなるか?

そう、想像の通り同じシャシーのクルマでも圧倒的に質の高い走りを手にいれることができるわけだ。

早い時期にGVCの技術を盛り込んだモデルを登場させる

マツダ SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS 新技術:G-Vectoring Controlマツダ SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS 新技術:G-Vectoring Control

事実、マツダの説明によれば「そう遠くない時期にGVCの技術を盛り込んだモデルを登場させる」のだと言う。ちなみに今年マツダでは完全な新型車の登場はないと噂に聞いている…とするならば、我々が既に乗ったことのあるクルマのマイナーチェンジ等で、この技術が導入されたファインチューニング版が登場するということを意味するのだろうか?

だとすれば、おそらく我々が乗ってビックリするほど走りに進化と変化のあるモデルに仕上がっているに違いないと簡単に予想できる。

なぜなら今回のGVC体験はそれくらい凄かったのだから。そう思うと一刻も早く、GVCの技術が盛り込まれた新モデルを試してみたいものである。

それにしてもマツダは本当に面白い会社だ。こうした発想の転換で生み出す新技術もそうだが、走りにおいて良いと感じられる技術を発見したら、それをしっかり製品に盛り込もうとするのだから。

事実、イマドキならば走りを良くするよりも装備を増やしたり、見栄えを良くしたり…が優先されておかしくない。

そう考えると、こうした部分にこだわるマツダはやはり、第一に走りをとても大切にする自動車メーカーなのだと、改めて感じたのだった。

[Text:河口まなぶ]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27