autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK マツダ 商品本部 CX-5開発主査 田中英明 インタビュー 2ページ目

NEXTALK 2012/6/22 17:50

マツダ 商品本部 CX-5開発主査 田中英明 インタビュー(2/5)

関連: マツダ CX-5 Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
マツダ 商品本部 CX-5開発主査 田中英明 インタビュー

自転車を中心に回る生活

取材したこの日は、「2012マウント富士ヒルクライム」という自転車競技が開催される前日であった。住まいのある広島から富士スバルライン入口まで片道750kmの行程を、一人でCX-5を運転し自転車を運んできた。しかも、昨年の同大会では年齢カテゴリー別の7位に入賞する実力の持ち主である。まずは、このいでたちを見よ!(写真)。田中英明は、なぜ、そんなに自転車にハマったのか?

マツダ 商品本部 CX-5開発主査 田中英明 インタビュー

【田中英明】はじめたのは5年前。きっかけは、メタボ(メタボリックシンドローム=内臓脂肪症候群:筆者注)ですよ(笑)。

入社から5年前まで、ずっと商品企画に携わってきて(途中1年は技術研究所に所属:筆者注)、いろいろな人とコミュニケーションをとるには、呑みにいくのが手っ取り早いわけです。ほぼ毎日のように飲み歩いていたら体調が悪くなって、医者に相談したら「メタボだから痩せなさい」と。

何をしたらいいかを考え、有酸素運動がいいだろう。有酸素運動と言えばトライアスロンだけれども、自分は泳げない、膝が悪いので走れないと、消去法でいくと自転車にゆきついたわけです。自転車に久し振りに乗ったら、これが楽しかったんですね!

自転車のどういうところにハマり込んだのか?

マツダ 商品本部 CX-5開発主査 田中英明 インタビュー

【田中英明】自転車にはいくつかの喜びがあります。一つは、物づくりが好きな私は、いま住んでいる家の間取りを自分で考えたり、その外構を自分でやったりしているんですけれど、自転車も、部品を厳選し納得がいくよう組み立てることで、自分の体に合うように、自分の美意識に合うように作ることができます。

そして有酸素運動なので、思考がすっきりするのでストレス解消やアイデア発想にちょうど良いし、練習すれば結果がついてくる。それから、自転車は自分との戦いで、他に言い訳もできず妙に潔いところが好きです。この3つが、生活の最優先で取り組んでいる最大の理由です。

自転車競技の面白さは、同じようなポジションを走っている人は同じ実力で、競争相手でありながら仲間でもあり、そのポジションを一緒に走っているということは、そこまでにどれだけ練習を積んできたかが自分の経験からわかりますから、互いに尊敬できるんですね。そして、一年中強い選手はなかなか居なくて、トレーニングはきついんだけど、頑張って調子を整えてきた人が強いんです。

我々はアマチュアだけど、そういう取り組みというか精神はプロフェッショナルな関係で、そこが本当に気持ちいい。たとえば風をよけて走る助け合いもフェアな対応です。大人が十分楽しめる洗練されたスポーツだと思います。

田中英明は、毎週300kmを走り、そのために通勤も自転車による。出張にも自転車を持って行き練習を欠かさない。まさにアスリートとして日々を過ごし、結果、75kgあった体重は65kgまで減った。

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25