autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス エヴォーラ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/3/4 12:01

ロータス エヴォーラ 試乗レポート(3/3)

関連: ロータス エヴォーラ Text: 松田 秀士 Photo: オートックワン編集部
ロータス エヴォーラ 試乗レポート

太いトルクとフロントのシャープさが心地良い

ロータス エヴォーラ

まずは、一般道を想定して富士スピードウェイのコース外周道路を走ってみた。

クラッチは重すぎず軽すぎずでちょうど良い。ただし、シートスライドを一番前にセットしても163cmのボクにはちょっとだけ遠い。とくにスポーツ走行をするにはもう2~3ノッチ前方に移動できるとありがたい。しかし、油圧パワーステアリングが装備されたので、ステアリング操作はとても楽だ。

2+2の後部座席は、パッと見ただけで乗り込むのはよそうと思った。これは、子供用かエマージェンシー用と考えた方が良さそう。ただ、160Lの後部トランクに納まりきらない荷物を収納するには十分ありがたい。一応、2+0仕様も今後リリースされるようだ。

さて、一般道の走りはとても乗り心地が良く快適。アルパインオーディオの音質が想像以上に良いことと、バックビューモニターなどの機能がロータスの弱点(後が見えにくい)を補ってくれている。

市街地走行レベルでは、トルクの太さも気に入った。6速40km/hなんてこともフラストレーションをそれほど感じず出来てしまう。

複合モード燃費(市街地&郊外をミックス)11.49km/Lという高いレベルと、CO2排出量205g/kgは3.5Lとしてはかなり立派な数値だ。

ロータス エヴォーラ

さて、いよいよサーキット走行。この日は3℃という非常に低い気温だったため、路面温度も限りなく0℃に近くタイヤの温まりに時間がかかった。

ピレリ製の転用開発タイヤだが想定温度があまりに低すぎたようで、走り出しから2周ほどはかなりのオーバーステアを発生した。

ただし、ロータス独自のLTC(トラクションコントロール)とEDL(電子デファレンシャルロック)により過度な挙動は発生しないので安心だ。

ロータス エヴォーラ

ただ、それでは満足しないオーナーのために「スポーツモードボタン」があり、また完全にOFFにすることも可能だ。(ABSを除く)

スポーツモードボタンを押すと、エンジン回転数リミットは+500rpmの約7,000rpmまで引き上げられ、レスポンスも鋭くなる。そして、LTCやEDLの効き具合も緩くなる。つまり、その分リアの流れなどをドライバーがコントロールして楽しむ領域が広がるのだ。

サスペンションは、サーキット走行では柔らかい部類に入るだろう。ロールもはっきりと起こるしブレーキング時のノーズダイブも分かりやすく、ブレーキングはかなり強烈だ。ABS性能も高く、蹴飛ばすように踏みつけられる。そのソフトなサスペンションはコーナーでの限界を感じ取りやすく、大人っぽい乗り味。

ロータス エヴォーラ

タイヤが温まるにつれリヤのしっかりとしたグリップ感が現れるが、アンダーステアはとても小さくハンドリングそのものはとてもシャープだ。

よく動くソフトなサスペンション仕様はダルなアンダーを誘発しやすいものだが、エヴォーラはフロントの追従性が高く、奥の深いハンドリングを持っている。

ちなみに富士スピードウェイでの最高速は約240km/h。5速ギヤで記録したので6速ギヤはハイウェイクルージング用と見てよいだろう。そのフロントのシャープさは一般走行でも変わらず心地良い。

速度レベルが低い分、リヤはしっかりとグリップしているから安心だ。このコンパクトなサイズゆえパッセンジャーシートとの距離はとても近く、デートカーとしてもエヴォーラはかなりの威力を発揮しそうだ。

筆者: 松田 秀士

ロータス エヴォーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エヴォーラ の関連記事

ロータス エヴォーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エヴォーラ の関連記事をもっと見る

ロータス エヴォーラ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24