autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジープ パトリオット 海外試乗レポート

試乗レポート 2007/7/27 15:42

ジープ パトリオット 海外試乗レポート(1/3)

関連: ジープ パトリオット Text: 石川 真禧照 Photo: ダイムラー・クライスラー日本株式会社
ジープ パトリオット 海外試乗レポート

エントリーモデルでジープが狙う新たな照準

イメージ

ジープブランドのルーツは1940年代に登場した軍用車だ。4輪駆動で道なき道を走り回ることができる性能は、世界中に知れ渡った。日本でもかつて三菱自動車がジープをライセンス生産していたことから、クロスカントリー系の4WD車をジープと呼んでいた。そのブランド力を利用したジープは、1950年代に入ってから民間用のタフな乗用ワゴンを造り始めた。

最近のジープは、オフロード走破性の高さを生かしながら、オンロードでの快適性を加えたニューモデルを次々に発表し、活気がある。実際にアメリカでは03年には3モデルだったジープブランドは、7モデルまで拡大している。

日本でも06年5月には3列シート、7人乗りの大型SUV、コマンダーを発売、ジープのトップブランドとして人気を得ている。さらに07年3月には初代ジープからの流れを受け継いでいるラングラーを10年ぶりにフルチェンジした。その時に、ロングホイールベースの5ドア、アンリミテッドも加えている。

そのジープの最新モデルが、パトリオットだ。日本でも8月末にデビューするパトリオットは、ジープブランドのエントリーモデルとして企画され、開発されたモデル。同じクライスラーグループのダッジ・キャリバーとコンポーネンツの多くを共有している。

本来ジープのエントリーモデルは、チェロキーというモデルだった。これは現在も日本で販売されているが、アメリカ本国ではリバティという名称である。

日本でのチェロキーといえば、1990年代にホンダのディーラーでも販売されていた初代チェロキーが知られている。直線を立体にしたボディスタイルと、低価格な設定のおかげで、このチェロキーは大ヒット車になった。いまでも時々、町中で初代チェロキーを目にする。

パトリオットはこの初代チェロキーを現代風にアレンジしたモデルと考えてよいだろう。

直線を主体としたスタイリングや、扱いやすいボディサイズは、まさに初代チェロキーから継承されているものだ。しかし、安全装備をはじめ車体各部には最新のテクノロジーが採用されている。エンジンは2.4L、ミッションはCVT。そして車両本体価格は270万円から340万円の範囲だという。この価格帯なら十分に国産SUVと競い合える価格設定だ。

これはヒットしそうな新たなSUVの登場だ。

ジープ パトリオット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジープ パトリオット の関連記事

ジープ パトリオットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    3台比較

    クライスラー系エントリー3モデル 徹底比較

    クライスラーは、アメリカのいわゆる「ビッグスリー」の一角なす自動車メーカーで、クライスラー、ダッジ、ジープの3ブランドを展開している。これま....

  • ジープ パトリオット 試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 試乗レポート

    JEEP初のエントリーコンフォートSUVの誕生古くは軍用の総輪駆動車としての歴史を持ち、今では本格派のオフロード4WDとしてレジャーユースに....

  • ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    試乗レポート

    ジープ パトリオット 海外試乗レポート

    エントリーモデルでジープが狙う新たな照準ジープブランドのルーツは1940年代に登場した軍用車だ。4輪駆動で道なき道を走り回ることができる性能....

ジープ パトリオット の関連記事をもっと見る

ジープ パトリオット の関連ニュース

ジープ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23