autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ジャガー Fタイプ(F-type)海外試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2013/5/29 21:15

ジャガー Fタイプ(F-type)海外試乗レポート/石川真禧照(1/2)

ジャガー Fタイプ(F-type)海外試乗レポート/石川真禧照

ついにそのときがやってきた

ジャガー Fタイプジャガー Fタイプ

日本でも発売になったジャガーのスポーツカー、Fタイプ。デリバリーは6月以降から始まるが、ひと足先にスペインで行われたプレス試乗会で、その楽しさを十二分に味わってきた。

ジャガーのスポーツカーというと、XKシリーズを思い浮かべる。確かにXXもその性能やルックスはスポーツカーと言える。でも、ジャガーはそうは思っていなかった。XKは2+2のラグジュアリーなGTカー、という考え方だった。さらに、同社の経営状態などにより、リアルスポーツカーを手掛ける時期も見計られていた。

ジャガーのリアルスポーツカーの歴史は1951年のCタイプから始まる。その後、54年にはDタイプに進化、61年には名車、Eタイプが登場した。でも、Eタイプは75年に生産を中止した。以来、40年近く、ジャガーはリアルスポーツカーをラインナップしていなかった。

しかし、ついにそのときがやってきたわけだ。

ジャガー Fタイプジャガー Fタイプジャガー Fタイプジャガー Fタイプジャガー Fタイプ

開閉は時速50キロ以下なら、走行中でも可能

ジャガー Fタイプ
ジャガー Fタイプジャガー Fタイプ

今回、登場したFタイプは全長4470mm。これはちょうどトヨタ プリウスと同サイズ。コンパクトだ。しかし、全幅は1925mm。これはトヨタ アルファードよりも広い。かなりのワイドプロポーションと言ってよいだろう。

スタイリングは見てのとおり、ロングノーズ&ショートデッキ。シートはちょうどクルマの中心に座る感じだ。ボディはジャガーが以前から実用化しているオールアルミニウムを採用している。

インテリアは、幅の広いセンターパネルとコンソールがコクピット感を演出している。

ルーフは金属や樹脂製ではなく、キャンバス地を使用している。遮音、断熱も不満はなかった。開ければフルオープン、閉じればクーペの居心地を得られた。しかも、開閉は時速50キロ以下なら走行中でもできる。その時間も12~13秒という早さだ。オープンにしたときの居住性も完璧。時速200キロでも、風の巻き込みは我慢できた。

日本仕様のパワーユニットはV6 3リッターの340psモデルとV8 5リッターの495psモデルの2タイプ。スペインの試乗会場にはもう1タイプ、 V6 3リッターの380psモデルもあった。いずれのエンジンもスーパーチャージャーでチューンされている。組み合わされるミッションは8速のマニュアルシフトモード付きAT 。

ジャガー Fタイプジャガー Fタイプジャガー Fタイプジャガー Fタイプジャガー Fタイプ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ジャガー の関連記事

ジャガーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ジャガー の関連記事をもっと見る

ジャガー の関連ニュース

ジャガー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • ジャガー
    XE

    新車価格

    477万円769万円

  • ジャガー
    XJ

    新車価格

    997万円2,052.6万円

  • ジャガー
    XF

    新車価格

    598万円1,105万円