autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ ステップワゴン 雪上試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/2/19 15:42

ホンダ ステップワゴン 雪上試乗レポート(2/2)

関連: ホンダ ステップワゴン Text: 清水 草一 Photo: 本田技研株式会社
ホンダ ステップワゴン 雪上試乗レポート

VSAの力は偉大だ!

ステップワゴン

で、ステップワゴンがどうだったかと言いますと、ビックリするくらいマトモに走ってくれました。

ミニバンで問題になるのは、重心の高さゆえのコーナリングの安定感の低さなわけですが、ステップワゴンは、雪の上でスラローム走行をしても、実に素直に曲がってしまう。「えっ、何も起きないじゃん!」というくらい、ハンドルを切った方向に向きが変わる。

これは、VSA(車両挙動安定化システム)の働きなんですね。ふつう雪道では、エイヤ気味にハンドルを切っても、そうは問屋が卸さないとばかりにクルマがまっすぐ進む「アンダーステア」の状態になるんですが、VSAは、4輪のブレーキを1輪づつ制御して、ドライバーが意図している方向へと曲がるようにアシストしてくれる。

アンダーステアの時は、内側のタイヤだけにちょっとブレーキをかけて、曲がるのを助けてくれるんです。これのおかげで、ステップワゴンはちゃんと向きが変わる!

もちろんその前提には、背が高いミニバンの割には重心が低いという、ホンダ自慢の低重心設計があるわけなんですが。試しにVSAを切ってスラロームしてみると、見事にアンダーステアが出ました。

アンダーステアは、ブレーキを踏んで重心を前の方にかけると弱まり、曲がり始めてくれるのですが、雪道では絶対的な路面の摩擦力が小さすぎて、曲がり始めるまでのタイムラグがとても大きくなります。

これが峠道ならもうガケから落ちたころに曲がり始めます。VSAのありがたみですね。

続いて私はVSAオフのまま、なんとかステップワゴンでテールスライドをさせようと頑張ってみましたが、ムリでした。ミニバンは安定性がとても重要で、基本的にテールスライドは起きない方がベターなので、これも納得です。

見るからに重心の高いステップワゴンは、実は相当に重心が低く、VSAをONにしておけば(キーをひねれば自動的にON状態になります)、雪道でも素直に思い描いたラインをトレースしてくれる。そして、スピンさせようと頑張ってもまずしてくれない。

私がいつかスキー場でペンション経営を始める時は、お客様の送迎用にステップワゴンを検討しようかなと思いました。

筆者: 清水 草一

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円