autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー ミュルザンヌ 試乗レポート

試乗レポート 2010/12/10 16:22

ベントレー ミュルザンヌ 試乗レポート(1/3)

ベントレー ミュルザンヌ 試乗レポート

知っている者だけが気づくベントレーの価値

ベントレー ミュルザンヌは、クルマであってクルマではない。

4本のタイヤが付いたボディに人と荷物を乗せ、エンジン(ハイブリッドや電気自動車ならばモーター)で走るという点では、ミュルザンヌもミニバンも軽自動車も変わらない。

しかし、運転席に座りドアを閉めて走り出すと、これが同じ「クルマ」とは思えなくなってくる。

ベントレー ミュルザンヌ
ベントレー ミュルザンヌベントレー ミュルザンヌ

まず、インテリアが違う。違い過ぎる。

吸い付くように滑らかで、キメ細かな革が張られたシートに驚かされる。家庭用のソファや椅子だって、ここまでのものは相当な高級品だろう。

次に、メーターのダイヤルの仕上げが素晴らしい。

エンジン回転数やスピードを表わす数字のフォントや、スケールのレタリングが吟味に吟味を重ねられた上で、丁寧に描かれている。

突飛なデザインではないけれど、たっぷりと手間と時間が掛けられたオリジナルだ。

インフォテインメントシステムやエアコン、シフトレバーなどの操作ノブやスイッチ類には、金属製で滑り止めのローレットが刻み込まれている。ロンドンの高級銃砲店「ホランド&ホランド」で売っているライフル銃の撃鉄のようだ。

金属に見えるものはすべて金属で、革に見えるものはすべて革。

ベントレー ミュルザンヌ
ベントレー ミュルザンヌベントレー ミュルザンヌ

ウッドも、然り。ウッドパネルをよく見ると、運転席側と助手席側とで木目が変わらない。左右対称になっている。

仮に、ミュルザンヌを進行方向を軸にして半分に折り畳んでみると、ピタリと木目が一致する。鏡のように左右で一致することから、ベントレーではこの仕上げ方を「ミラーマッチ」と呼んでいる。

普通の人は、中古車の査定員の資格でも持っていない限り、そこまでは気付かないだろう。そういう僕だって、イギリス中部のクルーという小さな街にあるベントレーの工場を取材していなかったら、わからなかっただろう。

大メーカーの経営者ならば、精巧な木目フィルムで済ませ、浮いた分のコストを利益に計上し、株主を喜ばせるだろう。

「知っている者だけが気づく」

ミラーマッチだけでなく、ミュルザンヌにはそんなありがた味が、あちこちに隠れている。これみよがしに「スゴいでしょ、高級でしょ、ブランドでしょ」と、いちいちしつこくアピールしていない。

存在自体でアピールしている。

ベントレー ミュルザンヌ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー の関連記事

ベントレーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー の関連記事をもっと見る

ベントレー の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24