autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 圧倒的な存在感にエレガントさを漂わせた中身は、最新テクノロジー満載!アウディ 新型Q7試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/5/13 11:14

圧倒的な存在感にエレガントさを漂わせた中身は、最新テクノロジー満載!アウディ 新型Q7試乗レポート(2/4)

関連: アウディ Q7 Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志
圧倒的な存在感にエレガントさを漂わせた中身は、最新テクノロジー満載!アウディ 新型Q7試乗レポート

エクステリアはより水平基調が強調され、ライト類も横長に

アウディ 新型Q7[2.0 TFSI quattro]
アウディ 新型Q7[2.0 TFSI quattro]アウディ 新型Q7[2.0 TFSI quattro]

まず目を惹くのは大きく変更されたエクステリア。大柄ボディにきっちりとイマのアウディ顔を備えて迫力あるクールさを漂わせた。

先代よりも水平基調を強調しているのだが、ショルダーラインをホイールの上にまでしゅっと伸ばしてボンネットと繋げ(この手法自体も初代クワトロのブリスターフェンダーデザインへのオマージュなんだって!)、その水平ラインの下にフロント&リアのライトを配することで、一見して重心をより引き下げたようなスポーティーな印象を手に入れている。

ちなみに、サイドビューではこのショルダーラインを境目にして上下1:2の比率を叶えているのだが、これがいわゆる「Audiの黄金比率」なんだそうな。

アウディといえば、のシングルフレームグリルもよりグワっと口を左右方向に拡げ、横方向への伸びを強調させる。

アウディ 新型Q7[2.0 TFSI quattro]アウディ 新型Q7[2.0 TFSI quattro]

さらにもうひとつアウディといえば、のライト類も、先代に比べ横長にすっと引き伸ばされた。涼しげな切れ長アイはロービーム用のLEDライトと15個ものLEDを組み合わせたハイビーム用ライトで構成されている。

ルームミラーに内蔵されたカメラにより対向車や先行車を感知して自動的に照射をカットするという「マトリクスLEDヘッドライト」は、それこそキアヌ・リーブス演じたネオのあのサングラスみたいで(やや古)、ルックス&機能ともに充実を図った(3.0TFSI標準装備、2.0TFSIにオプション)。

ちなみに、流れるウインカーこと「LEDリアコンビネーションライトダイナミックインジケーター」(名前ながっ!)も、もちろん選択できる。3.0TFSIには標準装備、2.0TFSIではオプション扱いとなる。

最大6つのチャイルドシートが搭載可能なフレキシブルなシートレイアウト

インテリアも大幅な変更を施している。

実はQ7、全高こそほとんど変更はないのだが、全長35mm、全幅で15mmというわずかなサイズダウンではあれ、若干の縮小を図っている。

しかし、室内空間はクラス最大という室内長を確保し、先代よりも格段に広々としたスペースを実現した。

モータージャーナリストの今井優杏さんモータージャーナリストの今井優杏さん

それを実感するのはオプションで用意された3列目シートのゆとりで、ゆとり…というほどメチャクチャ広くはお世辞にもないのだが、それでも先代よりはかなり快適になった。

工夫がみられるのは3列目シートにアプローチするためのアレコレで、2列目のシートはダブルフォールディング式にぐるんと畳んで持ち上げられるようにされたし、3列目シート自体が電動で高さ調整可能になっている。ただし、この2列目の機構は国産モノに比べて相当重い。もうちょっと工夫が欲しいがないよりは断然イイ。

ちなみに2列目および3列目シートのすべてにISO FIX規格のチャイルドシート固定装置が装着されているため、最大6つのチャイルドシートが搭載可能!・・・明るい家族計画に如何でしょうか。っていう話ではなく、いやそれはそれでめでたいんだけど、ジジババと遊びに行くときも、かわいい孫をどのシートにも乗せられるのはフレキシブルでいいんじゃないですかっていうことでしょうね。しかし最大6台って(悶々)。

もちろん今話題の「バーチャルコックピット」も設定可能

インテリアにおいて、やっぱりおっと思わせる変化があるとすれば、アウディTTの発売以降、私自身もあちこちで話題にしている「バーチャルコックピット」だろう。もちろんQ7にも例外なく設定可能だ(3.0TFSI標準装備、2.0TFSIにオプション)。

メーターパネルにナビなどの情報がフルデジタルのアニメーションが表示されるそれは、何度使っても「おっ」となるし、この操作をステアリングホイールで行える使用感もいい。

同時に、センタークラスターの画面ももちろんナビとして使用することが出来るのだが、Apple CarplayやGoogle Android Autoの両方と連動したことにより、携帯電話をUSBポートで繋げばそれに対応した画面が表示されるため、この画面をまさにiPadみたく使えるのはかなり便利。特に試乗車にはオプション価格88万円(税抜)!というBang & Olufsen 3Dアドバンストサウンドシステムが用意されていたため、もうiPhoneの圧縮音源でも500%エエ音!を堪能できてしまうから試乗中はずっとApple Carplayの画面を表示させ続けたくらいだ。

アウディ Q7 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ Q7 の関連記事

アウディ Q7の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ Q7 の関連記事をもっと見る

アウディ Q7 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円